エルダーの旅は、知的好奇心旺盛なシニアのための学びのプログラムです
エルダー旅倶楽部  
Homeへ 「エルダーの旅」の情報入会のご案内エルダー旅倶楽部についてお問い合せ アメリカ エルダーホステルへ

月山登山講座

秋を感じる月山縦走トレッキング 山頂小屋泊
山頂からのサンセット&サンライズ

申込み

講座概要


360度のパノラマが広がる、月山縦走

「縦走」とは、山々の稜線をつたい山から山へ歩いていく山行スタイルのこと。
つまり、連峰でなければ縦走にはならず、富士山のような独峰では縦走はできないのです。
さて、その縦走、登って下るだけの登山にはない魅力があります。
それは、なんといっても展望が存分に楽しめること。ほぼ稜線づたいに歩くため右に左に展望が開けます。また、山頂の山小屋に泊まるため片道の登山となるので、無理なくゆっくり山頂を目指すことができます。

山小屋とは思えないくつろぎと食事内容も大きな魅力です。日本海に落ちる夕日や、荘厳な日の出をゆうゆう見ることができるのも山頂泊ならでは。
せっかく登った山頂においても、たくさん楽しみがある縦走&山小屋プランはとってもお得です。

多様の花々が咲きほこる、信仰の山
月山を中心とする出羽三山は、昔から信仰の山として多くの登山者や参拝者を迎えてきました。現在でも白装束に身を包んだ登拝者が多く、信仰が息づいています。
主峰である月山(1984m)は夏でも雪をいただき、豊かな高山帯の植生が登山者を楽しませてくれます。秋の花が盛りの8月末に、春や夏の花が楽しめるのは、雪田の残る月山ならではの特徴でしょう。

登山は、リフト上駅からスタートします。大量の残雪が残る牛首周辺では、春に咲くような高山植物に出会えるかもしれません。
翌日は、山頂付近を散策した後に、月山8合目の弥陀ヶ原を目ざして下山を開始します。眼下に庄内平野、その向こうに鳥海山を見ながらの道のりは、解放感にあふれ、気持ちの良い下りとなるでしょう。
もちろん全区間高山帯のため、高木が無いので見晴らしのよい道が続きます。途中8合目にあたる仏生池小屋を通り、約4時間をかけて弥陀ヶ原に到着予定です。



◇ 期 間

2013年8月27日(火)〜30日(金) 3泊4日
 集合 8/27 13:37 JR「山形」駅 改札口前
 解散 8/30 11:30 JR「山形」駅


コーディネーターからのメッセージ

月山縦走は南側の姥沢口から羽黒口へ南北に歩くルートです。このコースの一番の特徴は歩き始めから終わりまで高山帯を歩くために視界がとても良いことです。また高山植物の数も豊富で季節を問わず楽しめます。
今回のテーマは「ゆっくり楽々月山登山」です。山頂小屋泊りなので、登りも下りもゆっくりの設定にしていますので体力的に心配な方も安心して参加いただけます。私達が万全の体制でお迎えいたします。

                            奥山 悌二 Okuyama Teiji

(プロフィール)
月山のある山形県西川町生まれ。地域の自然や歴史文化を楽しくかつ分かりやすい旅に仕立てる敏腕コーディネーター。旅が好きで、世界中を旅した経験から、現在は宿泊施設「月山ポレポレファーム」を運営。グローバルキャンパスの月山講座は20年以上の実績がある。月山朝日ガイド協会会員、日本山岳ガイド協会認定山岳ガイド。


プログラムのポイント
・月山縦走  姥沢口/月山山頂/弥陀ヶ原 
・山頂小屋泊でラクラク登山
・豊かな高山植物と大パノラマ

アクセス
「東京」駅から新幹線<つばさ>で「山形」駅まで約2時間50分。大阪伊丹空港から山形空港まで約1時間20分。(山形空港ご利用の方は事前にご連絡ください。)


関連情報
西川町役場ホームページ http://www.town.nishikawa.yamagata.jp/

地図検索 交通情報 天気予報

※くわしい情報は機関誌『GCJ』に掲載しています。ご希望の方にはご郵送(もしくはFAX)いたしますのでご請求ください。お問い合わせ
※会員の方は、会員料金でご参加いただけるほか、機関誌『GCJ』をお届けしています。

back Page Top