エルダーの旅は、知的好奇心旺盛なシニアのための学びのプログラムです
エルダー旅倶楽部  
Homeへ 「エルダーの旅」の情報入会のご案内エルダー旅倶楽部についてお問い合せ アメリカ エルダーホステルへ

花の月山講座

月山・蔵王フラワートレッキング
月山のチングルマ群落と蔵王のコマクサ

資料請求
講座概要


咲き乱れるチングルマ

山上のお花畑
花のピークの月山を歩く
雪の多い月山は、7月1日が夏山登山の山開きです。
6月中旬に遅い春を迎える月山の高山帯では、ハクサンイチゲやチングルマの白い花から咲き始め、イワカガミなど次々と花開いてゆきます。7月になると牛首などの高山帯では雪解けが一気に進み、いたるところにお花畑が出現します。
月山は、高山植物の種類の多さでも知られます。この時期いちばんの魅力は、日替わりのように次々と可憐な花が咲き始め、登山道沿いにどこまでもお花畑が続く風景です。
また尾根筋からは、朝日連峰や飯豊、蔵王山、鳥海山などが一望できます。花の魅力抜群の7月の月山に、ぜひご期待ください。

蔵王のシンボル
可憐なコマクサを堪能
蔵王も花の多さでは負けていません。そのなかでコマクサは、蔵王のシンボルとして珍重されている高山植物のひとつです。
コマクサは刈田岳から熊野岳にかけての砂礫地に植生し、高山の厳しい環境を耐え抜いて咲く可憐な姿は孤高そのものです。蔵王のお花畑へのアプローチは多くありますが、今回は楽なコースを設定していますので、眺望が良く気持ちの良い登山が楽しめます。

シニアのための
イージーコースを設定
安全で楽しいトレッキングをするために、登山ガイドがしっかりサポートします。コース設定は参加者の年齢を考慮して楽なコースを選び、ゆっくりと歩けるようにしています。
月山と蔵王の二つの山を、楽にアプローチして両山の花のハイライトを見ていただきます。
トレッキング講座のあとのおすすめは温泉。山形には、銀山温泉など有名なところから湯治場の肘折温泉や立ち寄り温泉まで、各地に温泉が点在しています。

また、山形市の山形美術館、鶴岡市の至道博物館、酒田市の土門拳写真記念館など地域の文化を気軽に楽しめる施設も多いので、講座の前後に立ち寄ってお楽しみいただけます。

プログラムのポイント
・月山、7月のお花畑満開
・蔵王、孤高のコマクサ
・エルダーのためのイージーコース

◇ 期 間 2012年7月9日(月)〜12日(木) 3泊4日
 集合 7/9(月)15:20 JR「さくらんぼ東根」駅
  解散 7/12(木)11:00 JR「さくらんぼ東根」駅

コーディネーターからのメッセージ

7月の東北の山の魅力は、高山植物の開花するお花畑です。日本海側に位置する月山や蔵王は、種類の多さで人気を博しています。長くこの講座でコーディネーターをしてきましたので、参加者の歩くレベル、好みなどをよく理解して、コースの設定をしてサポートに当たっています。私達は安全に楽しいトレッキングのお手伝いができると確信しています。また山形の郷土食をたくさん用意しています。食事にもご期待ください。
  
                           
奥山悌二  Okuyama Teiji
(プロフィール)
月山のある山形県西川町生まれ。地域の自然環境をこよなく愛し、月山山麓に宿泊施設を営みながら、ガイド活動や自然体験活動などを通して地域活性化の活動を続けている。グローバルキャンパスの月山講座は15年以上の実績がある。月山ポレポレファーム経営。月山朝日ガイド協会会員、日本山岳ガイド協会登山ガイド。


アクセス
「東京」駅から山形新幹線で「さくらんぼ東根」駅まで約3時間半。大阪伊丹空港から山形空港まで約1時間20分。(山形空港ご利用の方は事前にご連絡ください。)
関連情報
西川町役場ホームページ

西川町の見どころや月山について


地図検索 交通情報 天気予報

花の月山講座の詳細について

くわしい情報は機関誌『GCJ』に掲載しています。ご希望の方には最新版を無料で一部ご郵送いたします。(FAXも可能)
back Page Top