エルダーの旅は、知的好奇心旺盛なシニアのための学びのプログラムです
エルダー旅倶楽部  
Homeへ 「エルダーの旅」の情報入会のご案内エルダー旅倶楽部についてお問い合せ アメリカ エルダーホステルへ

琵琶湖講座

幻の安土城と近江商人と水郷のまち
東洋と西洋が融合する近江八幡

資料請求
講座概要


信長の野望と
近江商人の生きざま
琵琶湖を抱く滋賀には、信長が天下統一を夢見て、駆け抜けていった歴史の足跡が多くあります。
信長は、どのように天下を統一し、どのような国づくりを考えていたのか。琵琶湖畔の安土山に築城したのは、この地が京都からも尾張からも近く、陸路・水路ともに恵まれていたためと言われます。
信長の夢と野望と壮大な計画がこめられていた安土城は、本能寺の変で信長が倒れてまもなく焼失してしまい、今では特別史跡の安土城址と歴史の謎が残されるばかりです。
初夏の城址を散策しながら、歴史の謎解きを体感してください。安土城考古博物館の方たちからの講義を受けていただき、見えないものが見えてくるロマンが感じられればと願います。
 信長亡き後、楽市楽座の商人たちは、豊臣秀次が整備した近江八幡に移住し、近江商人として新たな展開を始めました。この地を発祥とする近江商人は、近江を本宅・本店として全国に活動を広げました。その生き方を示す家訓が「三法良し(売り手良し、買い手良し、世間良し)」です。全国をめぐる主人に代わり本店を守ってきた家族たちの非公開の住まいを訪ね、その生活実態にもふれていただきます。

東洋の文化と西洋の文化が
融合する水郷のまち
この近江八幡は、宗教家、建築家、事業家、教育者として著名なウィリアム・メレル・ヴォーリズ氏が生活の拠点として住み続けたまちでもあります。仏教とキリスト教の教えが融合しつつ、独特の風土を育んできました。
八幡山城が築かれた際、城の防衛と物流のために運河が開かれましたが、この八幡堀は、その後の発展に大いに寄与しました。

そして八幡堀やヨシ原の広がるエリアは、「近江八幡の水郷」として知られ、時代劇の撮影にもよく使われています。この水郷めぐりの中で、非日常の静けさも感じられることでしょう。

プログラムのポイント
・安土城址を地元の人と散策
・近江商人屋敷の見学と食事
・ヴォーリズ建築と水郷めぐり

◇ 期 間 2012年6月28日(木)〜30日(土) 2泊3日
 集合 6/28(木)13:20 グリーンホテルYes近江八幡
 解散 6/30(土)14:00  JR「近江八幡」駅

コーディネーターからのメッセージ

近江八幡は、滋賀県でも長浜とともに町衆のまちにかける意気込みや風土を感じていただけるまちです。ここには近江商人の伝統的な東洋の考え方と、数多いヴォーリズ建築のような西洋的な文化が融合しています。八幡堀を中心に、いつも時代劇のロケ地になる風景は、湖を持つ滋賀の原風景でもあります。映画『火天の城』は、山本兼一の同名小説の映画化であり、安土城の築城に携わった天才宮大工の生き様が描かれています。 
                         
林田久充 Hayashida Hisamitsu
(プロフィール)
琵琶湖講座実行委員会の多彩なメンバーの中核として、新たな視点から琵琶湖周辺の珠玉の町々の魅力を発掘し、提供しつづけている。滋賀県屈指のネットワーカー。


アクセス
「東京」から新幹線のぞみで「京都」駅まで約2時間20分、「京都」駅からJR新快速で「近江八幡」駅まで約35分。「大阪」駅からJR新快速で「近江八幡」駅まで約1時間。
関連情報
ヴォーリズ記念館

http://vories.com/

安土城考古博物館 http://www.azuchi-museum.or.jp/

地図検索 交通情報 天気予報

琵琶湖講座の詳細について

くわしい情報は機関誌『GCJ』に掲載しています。ご希望の方には最新版を無料で一部ご郵送いたします。(FAXも可能)
AS
back Page Top