エルダーの旅は、知的好奇心旺盛なシニアのための学びのプログラムです
エルダー旅倶楽部  
Homeへ 「エルダーの旅」の情報入会のご案内エルダー旅倶楽部についてお問い合せ アメリカ エルダーホステルへ

秋田講座

西馬音内盆踊りとたざわこ芸術村
夏の秋田で伝統的な祭りと暮らしを体験


資料請求
講座概要

nishimonai
西馬音内盆踊りは日本の三大盆踊りの
ひとつといわれています。

 

いまこそ東北で、 東北を元気に!
このたびの東日本大震災により被災されたみなさまには、謹んでお見舞いを申し上げます。幸いなことに、秋田県内はわらび座を含め大きな被害はほとんどなく、一部変更があったものの4月から予定通りわらび劇場での公演開催も決定しました。
今回の震災以降、夏の秋田講座を開催するかどうか非常に悩みました。多くの方が今も厳しい生活をされている現実のなかで、旅行企画を実施すべきかどうか。
でも今この時だからこそ、新緑の躍動感溢れる秋田にお越しいただき、参加者の方々に生きる力と感動をご提供したい。その思いから実施を決定いたしました。
今回は、わらび座ミュージカル「アテルイ」観劇、夏の秋田農家体験、西馬音内盆踊りの体験・夜の見学ツアーと角館ささら舞の見学ツアー、そして夏らしく、抱き返り渓谷と六郷湧水群の散策の4種の体験を組み込みました。

夏の秋田ならではの
祭り・暮らし・水の涼めぐり
今回のわらび座でのミュージカル観劇は、700人の収容を誇るわらび劇場での演目「アテルイ」です。これはNHK大河ドラマ「炎立つ」でも知られる岩手県出身の作家高橋克彦氏の原作で、大劇場ならではの迫力ある演出と感動のストーリーが大きな見どころです。「アテルイ」はこのたび「東日本大震災復興支援作品」となり、収益の一部を義援金とさせていただくことになりました。
観劇後は温泉ゆぽぽにチェックインして、ご希望の方を「抱き返り渓谷」への散策にご案内します。大分県の耶馬溪と並び称される東北随一の渓谷で、涼を感じていただきます。
2日目の農家体験では4名〜5名ずつ別れて訪問し、夕方まで秋田の農家の方と交流しながら生活体験をしていただきます。
2日目と3日目の夜には、「角館ささら舞」と「西馬音内盆踊り」の2つの祭りを見学します。個性的な2つの祭りは、夏の秋田ならではの行事です。
今回は、夏の秋田を満喫しその魅力を感じていただけるプログラムをご準備し、お待ちしております。みなさまのご参加が、きっと東北を元気にします。

秋田講座のポイント
・「西馬音内盆踊り」と「角館ささら舞」
・わらび座ミュージカル「アテルイ」観劇
・夏の農家体験と六郷湧水群めぐり

申込み
◇ 期 間

2011年8月14日(日)〜17日(水) 3泊4日
  集合 8/14(日)13:00 JR「角館」駅(昼食を済ませて集合)
  解散 8/17(水)朝食後、たざわこ芸術村


コーディネーターからのメッセージ

宮田さん

新緑が美しい夏の秋田には、生命力に溢れた数多くの魅力があります。自然の息吹を感じる一方で、個性的な2つの祭りも見逃せません。特に「西馬音内盆踊り」は、にぎやかで勇ましく野性的なお囃子に対し、しなやかな手振りと優雅な足さばきでゆるやかに流れる上方風の美しい踊りという対照がとても魅力的で、人の命の力を感じることができます。「生命力を感じる体験」の感動を、みなさまと一緒に味わたいと思っています。
                            宮田謙太郎 Miyata Kentarou
(プロフィール)
前職は物流会社の営業マン。30歳にして好きなツーリズムの仕事を志し、関西から秋田わらび座にやってきました。自分自身の「創造力」を常に活性化させてくれる秋田県の魅力をみなさまにお届けします。


アクセス
【東京より】JR「東京」駅より新幹線〈こまち〉でJR「角館」駅まで約3時間10分。
【大阪より】伊丹空港より飛行機で秋田空港まで約1時間半。秋田空港よりエアポートライナーで「たざわこ芸術村」まで約1時間。
関連情報
あきたファンドッとコム 秋田県観光総合ガイド
西馬音内盆踊り 三大盆踊りのひとつと言われています
六郷湧水群 街中に60か所以上、清水がわきでています


秋田講座の詳細について

くわしい情報は機関誌『エルダーの旅便り』に掲載しています。ご希望の方には最新版を無料で一部ご郵送いたします。(FAXも可能)

資料請求


back Page Top