エルダーの旅は、知的好奇心旺盛なシニアのための学びのプログラムです
エルダー旅倶楽部  
Homeへ 「エルダーの旅」の情報入会のご案内エルダー旅倶楽部についてお問い合せ アメリカ エルダーホステルへ

清里講座

新緑の清里、美しい農村で過ごす癒しのとき
ポール・ラッシュの歩んだ道と新緑の高原散策

資料請求
講座概要

kiyosato

ポール・ラッシュ博士と
農村復興への熱い想い
清里は八ヶ岳の南麓標高1400mに位置し、森と草原の広がる開放感あふれる風景が広がっています。
今でこそ清里は、避暑地や観光地として多くの人が訪れる場所となっていますが、数十年前までは山間地で作物も育たない貧しい農村でした。
この清里の開拓の父といわれるのが、ポール・ラッシュ博士です。彼は関東大震災で倒壊した東京と横浜のYMCA再建のためにアメリカから派遣されました。立教大学教授など日本での職務を行なっていましたが、第二次世界大戦によってアメリカに強制送還されます。戦後、愛すべき日本に戻ってきた彼が見たものは、希望を失い、飢えや病気や貧困に打ちひしがれた日本人の姿でした。
日本の農村を民主的に立ち直らせ、自立して暮らしていけるように、農村改革に取り組むことを決意した彼が選んだ場所が、山間高冷地であった清里でした。人々の心の支えとなる教会の建設、稲作ができない荒野へ酪農の導入、無医村に診療所の設立などに次々と取り組み、この地は全国の農村復興のモデル農業センターとなりました。清里には、貧しい農村を立て直してきた歴史があり、すべてが今の風景につながっているのです。
ポール・ラッシュ博士の精神は今でも、皆さまにお泊りいただくホテルの「清泉寮」や、ツアーをご案内するスタッフに受け継がれています。

命が輝く新緑の高原に
目に見えない力を感じて
今回の講座では、ポール・ラッシュ博士の精神や清里の歴史にふれながら、緑が輝く高原の自然のなかを歩くツアーをご用意しました。
6月は森が一番いきいきと輝く季節です。5月に遅い春を迎えて新芽が開き、思いきり葉を広げたり花を咲かせたりと命があふれています。ただ歩くだけではなく、立ち止まったり、のんびり座ってみたり、五感を使って自然のもつ癒し効果を感じてみましょう。
雨の時期でもありますが、ここ清里は霧になる日が多く、霧にけむる草原や森のなかもとても素敵な雰囲気です。
宿泊していただくのは、開拓時代からの歴史と新しい風の交じり合う清泉寮。地元の高原野菜を使ったお料理や、温泉もお楽しみいただけます。
歴史を感じながら、高原の自然にもたっぷりと浸る、そんなハイキングを体験してみませんか?

プログラムのポイント
・美しい農村・清里の奥深い歴史にふれる
・癒しの森林浴と高原ハイキング
・人気の清泉寮での宿泊と食事

◇ 期 間 2011年6月22日(水)〜24日(金) 2泊3日
 集合 6/22(水)14:00 清里「清泉寮」新館
 解散 6/24(金)14:00 清里「清泉寮」新館

コーディネーターからのメッセージ
motosugi

6月はいきいきと森が輝き、樹、花、鳥、動物……たくさんの命があふれています。そんな自然にどっぷりと浸る癒しの体験と、清里の歴史を学ぶ時間。この体験のなかにきっと、新しい感覚や発見があるはずです。いらしたときよりも元気になって帰っていただける講座にしたいと思っています。
                         本杉美記野 Motosugi Mikino
(プロフィール)
静岡県出身。総合病院で看護師として12年間勤務し、森林療法と出会ったことをきっかけにインタープリター(自然案内人)に。両職種の視点から「森林療法」「環境教育」「野外救急」など、「命」を守り伝えることに取り組んでいる。


アクセス
「新宿」駅から特急〈あずさ〉で「小淵沢」駅まで約2時間、小海線乗り換えで「清里」駅まで約20分。「新大阪」駅から新幹線〈のぞみ〉で「名古屋」駅へ。〈ワイドビューしなの〉に乗り換え「塩尻」駅へ。「塩尻」駅から中央本線で「小淵沢」駅、小海線乗り換えで「清里」駅まで、約5時間。
関連情報
山梨県清里高原キープ協会

http://www.keep.or.jp/ja/discover/


地図検索 交通情報 天気予報

清里講座の詳細について

くわしい情報は機関誌『エルダーの旅便り』に掲載しています。ご希望の方には最新版を無料で一部ご郵送いたします。(FAXも可能)
back Page Top