エルダーの旅は、知的好奇心旺盛なシニアのための学びのプログラムです
エルダー旅倶楽部  
Homeへ 「エルダーの旅」の情報入会のご案内エルダー旅倶楽部についてお問い合せ アメリカ エルダーホステルへ

奈良ONEDAY講座         
春の明日香路で古墳めぐり
話題の天皇陵から古代史をたどる
申込み

講座概要
奈良講座
天武・持統天皇陵

昨年、明日香村にある牽牛子塚(けんごしづか)古墳が発掘調査されて新発見があり、大きな話題となりました。みなさまもまだ記憶に新しいかと思います。
この古墳は八角形であることがわかり、7世紀中頃から8世紀初めの天皇家の古墳に特有の形であることから、斉明天皇陵にほぼ間違いないだろうといわれています。すぐ前には越塚御門(こしつかごもん)古墳も見つかり、「皇孫大田皇女(おおたのひめみこ)を陵(=斉明天皇陵)の前の墓に葬る」という『日本書紀』の記述を裏付ける歴史的な発見と注目されました。
しかし、そこから約2.5qのところには、宮内庁が斉明天皇陵と比定している車木ケンノウ古墳があり、牽牛子塚古墳の発見にも、墓誌がないことなどから指定を見直す考えはないとしています。
また、飛鳥駅のひとつ北側の岡寺駅から見える丸山古墳は、昔は「天武・持統天皇陵」と呼ばれていたそうですが、今では、そこから少し東に行ったところに「天武・持統天皇陵」があります。どうしてこんなことが起こるのでしょうか?
古代史にはまだまだ解明されていない謎が一杯です。一緒に歩いてそんな謎に興味をもっていただけたら……というのが今回の講座の目的です。

◇ 期 間

2011年4月5日(火)     
 集合 10:30 近鉄「飛鳥」駅前
  解散 16:00 近鉄「飛鳥」駅



プログラムのポイント
・明日香の春の風情を楽しむ
・古墳に隠された歴史を知る
・『日本書紀』の謎をたどる


コーディネーターからのメッセージ

奈良国立博物館で、12名の方達と一緒に解説ボランティアをやっております。なかには平城旧跡、橿原考古学研究所付属博物館、唐古遺跡などの解説を兼ねておられる方々もいて、たくさんのことを教えられたり刺激を受けたりして古墳に興味をもつようになりました。それぞれの古墳にも歴史があって面白いですね。
                            
柴田すみ枝  Shibata Sumie

(プロフィール)
通訳ガイド歴20年以上。奈良国立博物館で解説歴12年。奈良に暮らすようになって40年近くになりました。昔教科書で習ったものがすぐそこにある、いつでも国宝が目にできる、これはある種の贅沢かもしれません。博物館に通いながら奈良公園の四季を楽しめる幸せを感じています。


集合場所へのアクセス
JR「東京」駅より新幹線でJR「京都」駅へ。「京都」駅より近鉄線で「飛鳥」駅まで約60分。
関連情報
(社)奈良市観光協会公式サイト http://narashikanko.jp/

地図検索 交通情報 天気予報

奈良講座の詳細について

※くわしい情報は機関誌『エルダーの旅便り』に掲載しています。ご希望の方にはご郵送(もしくはFAX)いたしますのでご請求ください。お問い合わせ


back Page Top