エルダーの旅は、知的好奇心旺盛なシニアのための学びのプログラムです
エルダー旅倶楽部  
Homeへ 「エルダーの旅」の情報入会のご案内エルダー旅倶楽部についてお問い合せ アメリカ エルダーホステルへ

白馬登山講座

安曇野の名峰「常念岳」登山
北アルプスへの天空に足跡を

資料請求
講座概要
鹿島槍ヶ岳

常念岳ほど山麓の風情と溶け合い、一体感を持った山は数少ないと思います。「早春賦」に歌われたその情景を思い起こすと、日本に住む幸せをつくづくと感じます。
今年の白馬講座、北アルプス登山はその常念岳(2857m)を目指します。
常念乗越の小屋へ1日、小屋から常念岳山頂往復に1日、そして下山に1日。ゆっくりのんびり、せかされることのない歩みです。心地よさで定評のある常念小屋には二連泊します。昔の登山イメージでは、山麓の須砂渡から長い林道のアプローチでしたが、今では車両が「山ノ神」近くまで入り随分と楽になったものです。それでも胸突八丁といわれる樹林帯の急登は頑張りどころ。知らず知らずのうちに高度を稼ぎ、一汗、一汗が価値のある登りです。行き着くところは常念乗越。


白馬登山講座のポイント

・槍・穂高連峰の大パノラマ
・ゆっくりのんびり安全登山
・地元ガイドの安心サポート

申込み
◇ 期 間

2008年8月5日(火)〜9日(土) 4泊5日
 集合 8/5(火) 16:00 1泊目の宿
 JR「白馬」駅や八方バスターミナル白馬村内に着いてから宿舎に電話すると送迎
 解散 8/9(土) 10:00 希望にあわせて駅・バス停まで送迎


コーディネーターからのメッセージ

いつの季節でも安曇野の平から聳える「常念岳」には目を奪われる何かを感じます。男性的であるとか、女性的であるという以前に、神々しささえ感じるのは私だけでしょうか?静かに語りかけてくれている様であり見守ってくれているようでもあります。古代から安曇野の民にとって心の拠り所であったに違いないと確信できる様です。わずか三日間ですがその深い懐にわが身を委ねてみませんか。常念岳山頂からの安曇平、槍・穂高を始めとした北アルプス全山ともいえる眺望。いま失われつつある満ち足りた気持ちを間違いなく実感できる山旅となるでしょう。
石田 弘行 Ishida Hiroyuki
(プロフィール)
白馬山麓みそら野でプチホテル「グローブ イン スカラ」を経営。白馬山案内人組合、北アルプス山岳ガイド協会、北ア山岳救助隊所属。(社)日本山岳ガイド協会認定山岳ガイド、NPO白馬里山体験学校理事、環境省自然公園指導員、長野県自然保護レンジャー

アクセス
「東京」駅から長野新幹線「長野」駅経由シャトルバスで計約3時間
「新宿」駅から中央線直通・特急あずさで「白馬」まで約3時間半
新宿駅西口から高速直通バスで約4時間半
名古屋駅から中央西線特急「しなの」(松本乗換)「あずさ」利用約3時間半

関連情報
アルプスの街白馬 白馬村観光局によるオフィシャルページ


白馬登山講座の詳細について

くわしい情報は機関誌『エルダーの旅便り』に掲載しています。ご希望の方には最新版を無料で一部ご郵送いたします。(FAXも可能)

資料請求


back Page Top