エルダーの旅は、知的好奇心旺盛なシニアのための学びのプログラムです
エルダー旅倶楽部  
Homeへ 「エルダーの旅」の情報入会のご案内エルダー旅倶楽部についてお問い合せ アメリカ エルダーホステルへ
 
道東自然講座
世界遺産「知床」と道東の不思議な自然探訪旅
ネイチャーウォッチングと屈斜路湖カヌー
申込み

講座概要
 知床ではまずフレペの滝ウォーク(90分)で足慣らし。トドマツの原生林が開拓されて牧草地となり、森の再生によって、いま二次林が育っています。エゾシカにとってはエサの牧草があり、トドマツの森もあるのでねぐらに最適。フレペの滝は水が湧き出たその場から滝になって海へ流れ落ちる不思議な滝として知られます。
ウトロに移動したら船に乗り込んで、海から知床半島の自然を探訪します。断崖絶壁の海岸線には海鳥が飛びかい、人の行けない海沿いのエリアには、手つかずの自然が残され、動物たちが暮らしています。
 標津町は「サケ日本一」の町。食料としてはもちろん環境を保全し経済を動かす。サーモン科学館で鮭のもつ様々な特徴を学びましょう。野生生物を保護する森田動物病院では、知床ではチラッとしか見られなかったエゾシカをはじめ、エゾタヌキ、オオハクチョウらをじっくり観察できます。
また、かつては透明度世界一を誇った摩周湖(カルデラ湖)は、水が流れ入る川も、流れ出る川もない不思議な湖。その秘密はどこにあるのでしょう。そして山そのものが火山という硫黄山にも行ってみましょう。

プログラムのポイント
・世界遺産「知床」の自然を探訪
・動物たちの生態を観察
・屈斜路湖カヌー&ハイキング

◇ 期 間

8月4日(月)〜6日(水) 2泊3日
 集合 8/4 10:00女満別空港
 解散 8/6 19:20釧路空港(17:30釧路空港で離団も可)


コーディネーターからのメッセージ

知床は、北海道の自然が凝縮されたように狭いエリアで多様な自然が見られます。そんな知床を、海から見る、山から眺める、実際に歩いてみるなど様々なアプローチでその面白さに迫ってみたいと思います。そして、広大な牧草地、鮭、硫黄山に代表される火山、湖でのカヌーなどの、ひとつひとつのプログラムをじっくりとお楽しみください。豊かな自然や、道東の人と動物たちの暮らしを探しながら旅しましょう。 

荒井 一洋 Arai Kazuhiro

(プロフィール)
北見生まれ、札幌育ちの道産子。ニュージーランドの大学では国立公園管理・自然保護を専攻。北海道内で最大のアウトドア・環境教育のプログラムを動かすNPO法人ねおすのスタッフ。大雪山自然学校をベースに活躍し、昨年から北海道大学大学院で観光学を学ぶ。

 


アクセス
【東京方面への往復】
  羽田空港〜女満別空港 釧路空港〜羽田空港
 
【大阪方面への往復】
  伊丹空港〜女満別空港 釧路空港〜伊丹空港

関連情報
知床 世界遺産の知床を見る
標津町 サケ日本一の町

地図検索 交通情報 天気予報

※くわしい情報は機関誌『エルダーの旅便り』に掲載しています。ご希望の方にはご郵送(もしくはFAX)いたしますのでご請求ください。お問い合わせ
※会員の方は、会員料金でご参加いただけるほか、機関誌『エルダーの旅便り』(年8回刊)をお届けしています。

back Page Top