エルダーの旅は、知的好奇心旺盛なシニアのための学びのプログラムです
エルダー旅倶楽部  
Homeへ 「エルダーの旅」の情報入会のご案内エルダー旅倶楽部についてお問い合せ アメリカ エルダーホステルへ

春の琵琶湖講座

生水の郷と近江の里山の風景
近江高島「水の暮らしと里山の花」

資料請求
講座概要


豊かな水が育む豊かな自然環境は、住民に守り継がれ、日本の原風景ともいうべき美しい「里山」を形成し、高島の独自性ともなっています。
旧マキノ町のメタセコイヤ並木から赤坂山周辺の美しい雑木林のなかには、写真家の今森光彦氏が名付けた「やまおやじ」が、いたるところにあります。薪や炭にするために伐採され萌芽更新してきたクヌギの木のことでその、でっぷりした姿はやまおやじそのものです。早春の里山を地元の人たちとともに歩きましょう。滋賀県の琵琶湖西岸域のこのエリアには山と湖の美しい景観、そして自然と共生する暮らしが今もなお残されています。

プログラムのポイント
・地元民がこっそり教える「高島の魅力」
・「かばた」の暮らしを針江に訪ねる
・日本の原風景を訪ねる里山ハイク

◇ 期 間 2008年4月4日(金)〜6日(日) 2泊3日
 集合 4月4日(金)12:30 今津サンブリッジホテル
 解散 4月6日(日)14:30 JR「近江今津」駅

コーディネーターからのメッセージ

この企画は、高島市長の海東さんをはじめ多くの市民に情報と協力をいただきながら初めて開催する手作りプログラムです。歴史ものを得意とする琵琶湖講座では珍しい自然を体感する講座となりました。滋賀の自然の魅力は「里山」ですが、琵琶湖とともに生きてきた生活文化をつたえることができるのは県内でもこの湖西エリアだけです。身近な自然の中で、スローライフを考えながら、どことなくふるさとの郷愁を感じさせる旅をお楽しみください。
                              
         林田久充
(プロフィール)
琵琶湖講座実行委員会の多彩なメンバーの中核として、新たな視点から琵琶 湖周辺の珠玉の町々の魅力を発掘し、提供しつづけている。滋賀県屈指のネットワーカー



アクセス
「東京」から「米原」まで新幹線で2.5時間。北陸本線で「近江塩津」経由「近江今津」まで約1時間
関連情報
高島市公式ホームページ

http://www.city.takashima.shiga.jp/

かばたの暮らし http://www.daiken.jp/magazine/smileup/
琵琶湖周航の歌記念館 http://www.cr-japan.co.jp/tanken/tanken18-01.html

地図検索 交通情報 天気予報

春の琵琶湖講座の詳細について

くわしい情報は機関誌『エルダーの旅便り』に掲載しています。ご希望の方には最新版を無料で一部ご郵送いたします。(FAXも可能)
back Page Top