エルダーの旅は、知的好奇心旺盛なシニアのための学びのプログラムです
エルダー旅倶楽部  
Homeへ 「エルダーの旅」の情報入会のご案内エルダー旅倶楽部についてお問い合せ アメリカ エルダーホステルへ

花の礼文島講座
“花の浮島”礼文島にワイルドフラワーを訪ねる
トランシーバー片手に思い思いに花を楽しむ
申込み

講座概要

可憐な花を咲かせるウスユキソウ
"花の浮島"ともよばれる礼文島は、本州では山で花咲く高山植物を海岸近くで見ることができるユニークな島です。固有種のレブンウスユキソウに出会えるこの季節、100種前後のワイルドフラワーが谷や丘に咲き乱れます。そんな可憐な花たちを、お好みの場所で、絵を描く、腰をすえて写真を撮る、という風に好きなスタイルでお楽しみいただきます。 スコトン岬からゴロタ岬、澄海岬へまわる4時間コースと、礼文林道から礼文滝への約4時間コースを予定していますが、食事や休憩を入れて6〜7時間かけて歩こうと考えています。各自トランシーバーをお渡ししますので連絡はこれでとり合いましょう。 またみなさんの宿は、日本最北の地スコトン岬の岩壁に張りつくように建つ「民宿スコトン岬」。海の幸をふんだんに使った美味しい食事も楽しみです。

※催行中止となりました。
◇ 期 間 6月28日(木)〜7月1日(日)3泊4日
 集合 6/28(水)15:00 稚内フェリー乗場
 解散 7/1(日) 昼食後、宿舎で

コーディネーターからのメッセージ
礼文は花もすばらしいですが、宿の「民宿スコトン岬」も魅力たっぷりです。日本最北の地の宿として知られ、海の幸が楽しめることでも人気です。季節によりますが、生のスケソウやホッケ、カニ、ウニと北海の味が堪能できます。そして過去の講座では風呂の前でアザラシを見かけました。花だけではなくアザラシやトドを宿の前で見ることができる、さすが日本最北の地です。
施 勝彦
(プロフィール)
「ハラハラドキドキする冒険心を呼び覚ましてもらいたい」と、エルダーの旅のアウトドア講座を数多く担当する。アクティブでありながら、安心・安全な運営に定評があり、参加者の信頼も厚いベテランコーディネーター

プログラムのポイント
○海岸線に咲く高山植物を訪ねる
○各自トランシーバーを携帯
○4時間コースをのんびり6〜7時間

アクセス
<東京方面から>
   東京→稚内 飛行機で1時間45分
<大阪方面から>
   大阪→稚内 飛行機で2時間30分
<札幌から>
   札幌→稚内 飛行機で1時間、あるいはJRで5時間50分、
   バスで6時間。
  ※稚内フェリーターミナルへはJR稚内駅から徒歩約5分。
  稚内空港からは市内行バスで終点・稚内フェリーターミナル前

関連情報
C&Nファクトリー内の
エルダー旅倶楽部のページ
http://www.netjoy.ne.jp/~canndoh/
礼文町役場水産観光課 http://www.dosanko.co.jp/rebun/index.html
東日本海フェリー

http://www.kaiferry.co.jp/

香深(かふか)漁業協同組合 http://www.dosanko.co.jp/kafuka/
はなガイドクラブ http://www5f.biglobe.ne.jp/~rebun-hanaguideclub/

地図検索 交通情報 天気予報

※くわしい情報は機関誌『エルダーの旅便り』に掲載しています。ご希望の方にはご郵送(もしくはFAX)いたしますのでご請求ください。お問い合わせ
※会員の方は、会員料金でご参加いただけるほか、機関誌『エルダーの旅便り』(年8回刊)をお届けしています。

back Page Top