エルダーの旅は、知的好奇心旺盛なシニアのための学びのプログラムです
エルダー旅倶楽部  
Homeへ 「エルダーの旅」の情報入会のご案内エルダー旅倶楽部についてお問い合せ アメリカ エルダーホステルへ

黒潮講座

自然が生み出す砂浜美術館
黒潮の恵みをからだいっぱいに実感

資料請求
講座概要

底が透明なクリアカヌーなら
海の生きもの観察も楽しめます
高知県西部にある黒潮町。美術館も立派な観光施設もないけれど、黒潮町の美しい砂浜こそが彼らにとっての美術館。館長は海をゆうゆうと泳ぐニタリクジラ、作品は卵を産みにくる「ウミガメ」、裸足で走り回る「子どもたち」、「漂流物」、「小鳥の足跡」・・・。作品は時の流れるままに変化し、BGMは波の音、夜の照明は月の光。そんな砂浜美術館がこの講座の舞台。底が透明のクリアカヌーで海底の色とりどりのサンゴや魚たちを観察しに出かけ、ホエールウォッチングではクジラの泳ぐ姿に感動することでしょう。そして、完全天日塩やカツオのたたきづくりにも挑戦です。黒潮の豊かな恵みを全身で感じてみませんか。

黒潮講座のポイント

・日本一魚の豊富な柏島の海
・「海の貴婦人」ニタリクジラとの出会い
・カツオのたたきづくり体験

申込み
※催行中止となりました。
◇ 期 間 2006年9月15日(金)〜18日(月・祝) 3泊4日
 集合 9/15(金) 15:45 土佐くろしお鉄道「宿毛(すくも)」駅
 解散 9/18(月) 13:30 土佐くろしお鉄道「土佐佐賀」駅

コーディネーターからのメッセージ

それぞれの体験では、そのフィールドを知り尽くした達人たちが、皆さんをご案内いたします。この地で想いをもちながら生活し、仕事をしているフィールド案内人が、皆さんの旅をより深いものにすることでしょう。また、旅全体を通してのテーマやストーリーを、私からみなさんへお伝えしたいです。
村上 健太郎 Murakami Kentaro
(プロフィール)
1976年生まれ。神奈川県出身。山・川・海の自然あふれる黒潮町、そして地域の自然を独自の発想で楽しみながら活動をしている砂浜美術館のスタッフの魅力に惹かれ、3年前から高知在住

アクセス
羽田空港から高知竜馬空港まで航空機で1時間20分。路線バスに乗り換え「高知」駅まで約35分、特急あしずりに乗り換え「宿毛(すくも)」駅まで約2時間20分。
もしくは東京から新幹線で「岡山」駅まで約1時間、特急に乗り換え「高知」駅まで約2時間半、特急あしずりに乗り換え約2時間20分。

大阪から「岡山」駅まで新幹線で約45分、特急南風に乗り換え「中村」駅まで約2時間半、土佐くろしお鉄道で「宿毛」駅まで約30分。
関連情報
土佐湾のニタリクジラ 高知市役所職員によるニタリクジラのおはなし
よさこいネット 高知県観光コンベンション協会による公式サイト
黒潮町 砂浜美術館がある黒潮町のホームページ


黒潮講座の詳細について

くわしい情報は機関誌『エルダーの旅便り』に掲載しています。ご希望の方には最新版を無料で一部ご郵送いたします。(FAXも可能)

資料請求


back Page Top