エルダーの旅は、知的好奇心旺盛なシニアのための学びのプログラムです
エルダー旅倶楽部  
Homeへ 「エルダーの旅」の情報入会のご案内エルダー旅倶楽部についてお問い合せ アメリカ エルダーホステルへ


鳥取砂丘講座

風の芸術・風紋の美と鳥取砂丘

風と砂が生み出す自然のテーマパーク

申込み

講座概要


見るたびにその表情を変えつづける
神秘の鳥取砂丘

砂と風が織りなす壮大なパノラマ「鳥取砂丘」。山陰の自然に生きる人々や食文化にふれながら砂丘の魅力にせまります。10万年の時を要した砂丘についてのお話を専門の先生からうかがったあとは、月明かりに浮かぶ幻想的な世界の砂丘を散策。そして翌朝は砂丘探検ツアーへ。砂のさざ波ともよばれる風の芸術「風紋」や巨大アリ地獄の住み処のような「スリバチ」を訪ねに行きます。専門家のガイドにより砂丘独特の現象やその地形を知り、過酷な環境に生きるたくましい植物群落にふれることができるでしょう。時間によって刻々とその表情を変え、夕暮れどきに赤く染まる空と雄大な日本海、そして砂丘が織りなす独特の景観を楽しんで下さい。また、鳥取砂丘はらっきょうの名産地でもあり、らっきょうの花狩りや地元の漁師町での新鮮な魚貝を使った家庭料理、そして鳥取砂丘とともに暮らす人びととの交流もお楽しみください。


鳥取砂丘講座 プログラムのポイント
●砂丘の不思議とその魅力にふれる
●またとないシャッターチャンス
●地元漁師町の家庭料理と交流

◇ 期 間

2005年10月27日(木)〜29日(土) 2泊3日
 集合 10/27(木) 13:00  JR「鳥取」駅
 解散 10/29(土) 11:30    同上


コーディネーターからのメッセージ


季節や天候、時間によってさまざまな表情を見せ、刻々と変化していく砂丘は、まさに「生き物」です。そして、そこには砂丘とともに生きてきた人々の暮らしがあります。砂丘を遊び場として育った私がご案内する鳥取砂丘講座で、眺めるだけではわからない砂丘の不思議や魅力をどうぞ発見してみてください。 

平井 宏和
Hirai Hirokazu

(プロフィール)
砂丘のお膝元、福部町に生まれ育ち、砂丘はもちろん、その周辺のさまざまな魅力を知りつくす。野性味あふれる外見とは裏腹に、味のある鳥取弁の語り口調で多くの人に愛されている。故郷、そして砂丘を愛してやまない33歳独身。


アクセス
【東京方面から】
  羽田空港から鳥取空港まで1時間20分
 
【大阪方面から】
  新大阪駅から鳥取駅まで特急で約2時間30分

関連情報
福部村観光協会 鳥取砂丘もあり、2日目で訪れる福部村の見どころ
鳥取砂丘 鳥取砂丘の写真や砂丘を分かりやすく紹介
鳥取大学乾燥地
研究センター
1日目で訪れ、砂漠の成り立ちや人との関わり、砂漠化現象について専門の先生から学びます。付属施設「アリドドーム」の見学も。

地図検索 交通情報 天気予報

※くわしい情報は機関誌『エルダーの旅便り』に掲載しています。ご希望の方にはご郵送(もしくはFAX)いたしますのでご請求ください。お問い合わせ
※会員の方は、会員料金でご参加いただけるほか、機関誌『エルダーの旅便り』(年8回刊)をお届けしています。

back Page Top