エルダーの旅は、知的好奇心旺盛なシニアのための学びのプログラムです
エルダー旅倶楽部  
Homeへ 「エルダーの旅」の情報入会のご案内エルダー旅倶楽部についてお問い合せ アメリカ エルダーホステルへ

尾瀬・奥只見講座
原生林の紅葉、尾瀬・奥只見
秘境で感じる艶やかな時の流れ
申込み

講座概要


訪れた人にしか分からない
時とともに移り変わる本物の紅葉

豪雪地帯であることから開発をまぬがれ、貴重な原生林が手つかずのまま残る尾瀬・奥只見。この講座では、紅葉の最盛期に「本物の紅葉」を体感しに出かけます。時間とともに移り変わる山の色を目のあたりにすれば、過ぎてゆく時を実感できるでしょう。これほど色鮮やかに織りなす紅葉は、ほかでは見ることはできません。1日目は奥只見ダムの役割について学びながら奥只見川に隣接する宿舎へ。2日目は桧枝岐の奥に位置する沼山峠からオオシラビソやミズナラの森を越えて尾瀬沼までのハイキング。この紅葉の尾瀬沼もなかなかお目にかかれない絶景。3日目は沼山峠を下山し銀山平へ。そして4日目は奥只見湖の奥に広がる森へ。トチ、ブナが広がる森へは歩いて入ることができないため、小型船を使って原生林の奥まで出かけ、湖上からの眺めを楽しみましょう。秘境での特別なコースとなるため、定員9名での開催となります。

◇ 期 間

2005年10月18日(火)〜22日(土) 4泊5日
 集合 10/18(火) 12:00  JR「浦佐」駅
 解散 10/22(土) 11:00    同上


コーディネーターからのメッセージ


私が日本で最も好きな紅葉スポットにご案内します。目の前に広がる原生林の色鮮やかな紅葉が、日一日と色が変わりゆくのを体験していただきたいと思い、この講座を企画しました。秋、この地にはじめて足を踏み入れ、感動しない人はいないでしょう。奥深い自然界に入るので、少人数での講座となります。本当の紅葉を見たい方におすすめです。 

施 勝彦
Shii Katsuhiko

(プロフィール)
エルダーのアウトドア講座を手がけて10年以上のベテラン。豊富な経験と幅広い知識をもち、「アウトドアの達人」として、参加者から厚い信頼を寄せられる人気コーディネーター


プログラムのポイント
●原生林紅葉の移り変わる色彩
●尾瀬沼ハイキングと奥只見湖
●湖上から眺めるまたとないチャンス

アクセス
【東京方面から】
  東京駅から上越新幹線で浦佐まで約1時間40分
 
【大阪方面から】
  新大阪駅から東京経由で約5時間

関連情報
尾瀬保護財団 尾瀬についての一般的な情報はこちら
長蔵小屋 2日目の宿泊施設
湖山荘

3,4日目の宿泊施設


地図検索 交通情報 天気予報

※くわしい情報は機関誌『エルダーの旅便り』に掲載しています。ご希望の方にはご郵送(もしくはFAX)いたしますのでご請求ください。お問い合わせ
※会員の方は、会員料金でご参加いただけるほか、機関誌『エルダーの旅便り』(年8回刊)をお届けしています。

back Page Top