エルダーの旅は、知的好奇心旺盛なシニアのための学びのプログラムです
エルダー旅倶楽部  
Homeへ 「エルダーの旅」の情報入会のご案内エルダー旅倶楽部についてお問い合せ アメリカ エルダーホステルへ

歴史街道(南大阪・飛鳥・奈良)講座 
古代史をたどる歴史街道
4日間であなたも古代史通に

南大阪〜飛鳥〜平城京を訪ねる
申込み

講座概要

日本最大の前方後円墳・仁徳天皇陵。地元の人は「仁徳さん」とか「御陵さん」と親しみをこめてよんでいます
かつての日本の中心、大陸文化の窓口でもあった南大阪から飛鳥一帯には、有史以前から7世紀にかけての歴史舞台がキラ星のごとく連なっています。古代国家から律令国家の成立に向けた歴史の動きをたどり、深い知識がなくても十分楽しめる「古代史の謎解き」に挑戦しましょう。
1日目は、堺市歴史博物館で「古代史おもしろ話」を聞き、大仙古墳(伝・仁徳陵)を訪ねます。 2日目は、バスで遺跡や博物館をめぐりながら明日香村へ。 3日目は思い思いに飛鳥を散策していただきます。 最終日は、日本最古の道で、多くの万葉歌が詠まれた「山の辺の道」を歩き、藤ノ木古墳、「法隆寺」を見学。最後に平城宮跡を訪ねます。

◇ 期 間 2005年3月22日(火)〜25日(金) 3泊4日
 集合 3/22(火)13:00 宿舎
 解散 3/25(金)16:00 JR「京都」駅

コーディネーターからのメッセージ
歴史が苦手な方、大歓迎。4日間であなたも古代史博士になれること請け合いです。歩くのが苦手な方はその部分をカットしていただいてかまいませんので、ぜひご参加ください。
井戸智樹
(プロフィール)
1959年姫路市生まれ。早稲田大学時代はマラソンランナー。松下政経塾在塾中から関西で「歴史街道計画」に携わり、現在事務局長。伊勢―飛鳥―奈良―京都―大阪―神戸の21の歴史舞台を時の流れに沿って結ぶ「入門コース」を中心に、地域整備や内外への情報発信に取り組んでいる

プログラムのポイント
○体力がない方もバス移動で安心です
○3日目の飛鳥では自由に散策します
○古代食や太子鍋といったユニークな食体験も楽しみます
アクセス
JR「新大阪」から地下鉄御堂筋線で「なんば」へ。南海「難波」から南海高野線「堺東」、徒歩5分で宿舎

関連情報
堺市博物館 http://www.city.sakai.osaka.jp/hakubutu
明日香村 http://www.sikasenbey.or.jp/asuka
橿原考古学研究所付属博物館 http://www.kashikoken.jp/museum

地図検索 交通情報 天気予報

※くわしい情報は機関誌『エルダーの旅便り』に掲載しています。ご希望の方にはご郵送(もしくはFAX)いたしますのでご請求ください。お問い合わせ
※会員の方は、会員料金でご参加いただけるほか、機関誌『エルダーの旅便り』(年8回刊)をお届けしています。

 
back Page Top