エルダーの旅は、知的好奇心旺盛なシニアのための学びのプログラムです
エルダー旅倶楽部  
Homeへ 「エルダーの旅」の情報入会のご案内エルダー旅倶楽部についてお問い合せ アメリカ エルダーホステルへ

冬の月山講座 
鷹匠・松原英俊の課外授業
スノーシューで積雪7メートルのブナ林を行く

申込み

講座概要

鷹狩りをライフワークとし、30年近く鷹との生活を続けている松原さん
日本有数のブナの原生林が広がる月山山麓が4日間のフィールドです。この時期、ブナ林帯の奥の積雪は時に7メートル以上にもなります。深い雪の上もらくらく歩ける和かんじき・スノーシューで、沢も低木もすべて雪に 覆われた林を自由に歩き、雪の世界をのぞいてみましょう。日本伝統の熊鷹で狩りをする最後の 鷹匠・松原英俊さんとともに雪山をめぐりながら、自然に隠された不思議や、森や動物について 教えてもらい、鷹狩りの技に間近でふれます。そして雪を見るだけでなく、雪だるまや雪の彫刻をつくって遊んでみましょう。

◇ 期 間 2005年3月14日(月)〜17日(木) 3泊4日
 集合 3/14(月)15:40 JR「さくらんぼ東根」駅
 解散 3/17(木)12:00 JR「さくらんぼ東根」駅

コーディネーターからのメッセージ
本講座はコーディネーターである私がイチ押しの講座です。冬の月山は個人で自由に入れる山ではありません。ガイド付きで周到に準備されてのみ、入ることが可能になります。最高積雪期の月山は、ほんとうにけがれない美しさがあり、ここに暮らす私がいちばん自慢したい風景です。普通に歩ける人ならだれでも楽しめるプログラムに仕立てました。雪の世界で非日常体験にチャレンジしてください。
奥山悌二
(プロフィール)
旅が好きで、若いときから世界各地を訪ね歩く。故郷に宿泊施設を開業してはや24年。10年以上前から月山講座を開設し、自然や歴史をわかりやすく楽しい旅に仕立てるコーディネーターとして活躍。月山朝日ガイド協会代表、日本山岳ガイド協会会員

プログラムのポイント
○講義と鷹狩りの実演で鷹匠の暮らしと技にふれます
○雪山をらくらくスノーシューイング
○雪像や雪の彫刻づくりにも挑戦します
アクセス
東京から山形新幹線で約3時間
大阪空港から山形空港まで約1時間20分

関連情報
松原英俊
オフィシャルサイト
http://www1.biz.biglobe.ne.jp/~Takajou/
山形県西川町 http://www.town.nishikawa.yamagata.jp/index.html
山形県メールマガジン
第25号「いま、山形から」
http://www.pref.yamagata.jp/sm/somu/koho/373000
最後の鷹匠・武田宇市郎 http://www.pref.akita.jp/fpd/takasho/takasho01.htm

地図検索 交通情報 天気予報

※くわしい情報は機関誌『エルダーの旅便り』に掲載しています。ご希望の方にはご郵送(もしくはFAX)いたしますのでご請求ください。お問い合わせ
※会員の方は、会員料金でご参加いただけるほか、機関誌『エルダーの旅便り』(年8回刊)をお届けしています。

 
back Page Top