エルダーの旅は、知的好奇心旺盛なシニアのための学びのプログラムです
エルダー旅倶楽部  
Homeへ 「エルダーの旅」の情報入会のご案内エルダー旅倶楽部についてお問い合せ アメリカ エルダーホステルへ

小笠原スタディークルーズ
にっぽん丸で施勝彦と行く
クジラと太平洋の孤島小笠原
小笠原固有の自然と文化をじっくり探訪

申込み

講座概要

04年1月の講座では数頭のクジラに異常接近(!?)。大歓声の連続でした
東京から南へ約1000キロ、太平洋に浮かぶ小笠原諸島は、降り注ぐ日差しと紺碧の海が美しい亜熱帯のパラダイス。2004年1月に初めて開催した小笠原講座、今回はにっぽん丸で訪ねます。小笠原での停泊は2日間。初日は、幕府が開拓のため派遣した咸臨丸乗務員の墓や日本人が拓いた村、ビジターセンターなどを訪ねながら島を一周。夕刻には小笠原でもっとも美しい景色が見られるウェザーステーションへ。運がよければクジラを見ることができるでしょう。 翌日はチャーター船でクルーズへ。小笠原諸島の特異な自然環境を海から観察します。そして波の具合を見ながらクジラが多く泳ぐ海域に向かいます。 迫力たっぷりのホエールウォッチングをはじめ、小笠原独自の文化と固有の自然をたっぷりお楽しみください。

◇ 期 間 2005年3月6日(日)〜11日(金) 5泊6日
 集合 3/6(日) 17:00 横浜港大桟橋にっぽん丸出発ロビー
 解散 3/11(金) 10:00 横浜港大桟橋


グループリーダーからのメッセージ
江戸幕府の直轄地と して幕末の歴史が刻 まれる南海の孤島、独自の生物進化の島、それが小笠原諸島です。父島を中心に自然環境を海から観察。波の具合を見ながらホエールウォチングに向かいます。深い藍色の海が割れて巨大なザトウクジラが浮き上がってくるのが見えたらもう感動です。多様な鯨類が見られる海域で、ほかのクジラやイルカに遭遇するかもしれません。
施 勝彦
(プロフィール)
ハラハラドキドキする冒険心を呼び覚ましてもらいたいと、エルダーのアウトドア講座を数多く手がける。アクティブかつ安全な運営に定評あり。ことし好評だった小笠原へ、今回は「にっぽん丸」で再チャレンジ

プログラムのポイント
○アウトドアの達人が同行する安心の6日間
○にっぽん丸でちょっと豪華な船旅をお楽しみいただきます
○貸し切り船でウォッチング・クルーズに出かけます
アクセス
横浜港(参考)
http://www.city.yokohama.jp/me/port/index.html

関連情報
小笠原チャンネル http://www.ogasawara-channel.com
小笠原ホエールウォッチング協会 http://www.ogasawara.or.jp/owa
小笠原村観光協会 http://www.ogasawaramura.com
にっぽん丸クルーズ http://www.mopas.co.jp/cruise/frame1_1.html

地図検索 交通情報 天気予報

※くわしい情報は機関誌『エルダーの旅便り』に掲載しています。ご希望の方にはご郵送(もしくはFAX)いたしますのでご請求ください。お問い合わせ
※会員の方は、会員料金でご参加いただけるほか、機関誌『エルダーの旅便り』(年8回刊)をお届けしています。

back Page Top