エルダーの旅は、知的好奇心旺盛なシニアのための学びのプログラムです
エルダー旅倶楽部  
Homeへ 「エルダーの旅」の情報入会のご案内エルダー旅倶楽部についてお問い合せ アメリカ エルダーホステルへ

秋の月山講座 
黄葉に染まる月山ブナの森
斉藤茂吉が愛した郷土みちのくの自然

 

講座概要

黄葉のブナの森を散策。金色のドームのなかにいるようです
9月中旬に山頂からはじまった月山の黄葉は、ひと月で中腹のブナ林へと足早に降りてきます。黄葉のブナ林はときに金色の世界に変化します。そんなひとときの極楽を体験してください。「エルダーの旅」は名勝地をめぐる旅ではなく、テーマを絞って自然や歴史を独自の視点で訪ねる1回限りの旅。今回は、初日に山形の歌人、斉藤茂吉の記念館を訪ねます。そして、江戸時代から今日まで変わることのないあり様を保ちつづける月山域を、郷土の専門家といっしょに歩きます。4日間の講座を茂吉の視点でつなげてみてください。

◇ 期 間 2004年10月14日(木)〜17日(日) 3泊4日
 集合 10月14日(木)14:50 斉藤茂吉記念館
 解散 10月17日(日)12:00 JR「山形」駅

コーディネーターからのメッセージ
秋のブナ林が一いちばんきれいな時期にあわせました。車窓や歩道からながめるのではなく、フカフカの落ち葉を踏み分け森の奥まで歩いていきます。見て、触って、味わって体感すれば、厚みのある楽しみが手に入るのです。茂吉の世界も書物だけではなく、当時の現場に踏み入ってみれば体で理解できることもいっぱいあるはず。魅力あふれる秋の月山講座にチャレンジしてください。
奥山悌二
(プロフィール)
地元西川町生まれ。旅が好きで、若いときから世界各地を訪ね歩く。故郷に帰り、宿泊施設を開業して24年。10年以上前に月山講座を開設以来、地域の自然や歴史が楽しめるプログラムを数多く企画する。月山ポレポレファームのオーナー、月山朝日ガイド協会会長、日本山岳ガイド協会会員

プログラムのポイント
○黄葉が輝く月山のブナの森を散策します
○みちのく山形で斉藤茂吉文学散歩
○山形の季節料理「いも煮」を体験します
アクセス
<東京方面から>
山形新幹線で「東京」駅から「上山温泉」駅まで3時間弱、
同駅から奥羽本線で「茂吉記念館前」駅まで約3分
<大阪方面から>
伊丹空港から山形空港、JR「山形」駅経由、奥羽本線
「茂吉記念館前」駅まで約4時間

関連情報
山形県観光物産協会 http://www.yamagatakanko.com
山形県西川町 http://www.town.nishikawa.yamagata.jp/index.html
月山朝日ガイド協会 http://www.town.nishikawa.yamagata.jp/midokoro/gaidokyoukai

地図検索 交通情報 天気予報

※くわしい情報は機関誌『エルダーの旅便り』に掲載しています。ご希望の方にはご郵送(もしくはFAX)いたしますのでご請求ください。お問い合わせ
※会員の方は、会員料金でご参加いただけるほか、機関誌『エルダーの旅便り』(年8回刊)をお届けしています。

 
back Page Top