エルダーの旅は、知的好奇心旺盛なシニアのための学びのプログラムです
エルダー旅倶楽部  
Homeへ 「エルダーの旅」の情報入会のご案内エルダー旅倶楽部についてお問い合せ アメリカ エルダーホステルへ

健康の郷・大雪講座&芦別講座
北海道遺産と北の大地の博物学
紅葉の大雪と美瑛の丘、そして遡上する鮭

 

講座概要

日本屈指の大瀑「羽衣の滝」。 紅葉の渓谷とのコントラストが美しい
日本最大の国立公園にある大雪山。9月初旬、旭岳は早くも色づきはじめます。日本一早い紅葉の大雪をめぐり、美瑛の丘を歩く「大雪講座」(Aコース)と、炭都・芦別で炭鉱の歴史にふれ、増毛町で遡上する鮭に出合う「芦別講座」(Bコース)を続けて開催します。ともに、自然を知りつくした「達人」がみなさんをご案内します。

◇ 期 間 大雪講座(A) 2004年9月26日(日)〜28日(火) 2泊3日
 集合 9月26日(日)12:30 JR「旭川」駅  13:30 旭川空港 
 解散 9月28日(火)15:30 三浦綾子記念館 

芦別講座(B) 2004年9月28日(火)〜10月1日(金) 3泊4日
 集合 9月28日(火)15:30 三浦綾子記念館
 解散 10月1日(金)11:00 JR「旭川」駅   11:50 旭川空港

ガイド、コーディネーター

大雪山のガイド 塩谷秀和

(プロフィール)
1949年北海道生まれ。大雪に精通したネイチャーガイド。心の通う森と山を求めて全国を歩く。大台ヶ原の常緑広葉樹林や西表島のジャングルにも魅せられたが、大雪の森の魅力にひき込まれ、1979年から東川町に暮らす。年160日ほど大雪に入っている。趣味は小さなたき火と目的のない森の散歩

芦別講座のコーディネーター 山岡桂司

「さわやかな秋の北海道でみなさんと会えることを楽しみにしています。炭鉱の歴史や自然保護活動、さらには北海道の風物詩を探訪する盛りだくさんな企画で新たな思い出の1ページをつづってください」
(プロフィール)
道内外の自然保護に携わり、活動範囲は海外にまで広がる。その知識と技術は北海道人の常識を越える。自然との共生がライフワークの気さくな66歳。芦別山岳会会長、崕山自然保護協議会会長

プログラムのポイント
○大雪講座と芦別講座の2講座に続けて参加できます
○日本一早い紅葉の大雪と美瑛の丘を歩きます
○北海道遺産と秋の風物詩を訪ねます
アクセス
羽田空港→旭川空港 飛行機で1時間40分
伊丹空港→旭川空港 飛行機で1時間50分 

関連情報
北海道遺産 http://www.northerncross.co.jp/hokkaidoisan/isantop.htm
大雪山国立公園
旭岳ビジターセンター
http://town.higashikawa.hokkaido.jp/vc
美瑛町観光協会 http://www.eolas.co.jp/hokkaido/sikibiei
三浦綾子記念文学館 http://www.eolas.co.jp/hokkaido/hyouten
芦別市(観光編) http://www.city.ashibetsu.hokkaido.jp/kankou
増毛町 http://www.hokkai.or.jp/mashike

地図検索 交通情報 天気予報

※くわしい情報は機関誌『エルダーの旅便り』に掲載しています。ご希望の方にはご郵送(もしくはFAX)いたしますのでご請求ください。お問い合わせ
※会員の方は、会員料金でご参加いただけるほか、機関誌『エルダーの旅便り』(年8回刊)をお届けしています。

back Page Top