エルダーの旅は、知的好奇心旺盛なシニアのための学びのプログラムです
エルダー旅倶楽部  
Homeへ 「エルダーの旅」の情報入会のご案内エルダー旅倶楽部についてお問い合せ アメリカ エルダーホステルへ

秋の木曽路講座
したたかに生き抜いた木曽路の知恵と技

 
講座概要

200年の伝統を守る「花野屋」で曲げ物の技にふれます
木曽路はなぜ近代化から取り残されたのでしょうか。そしてそれがいまなぜ注目を集めるようになったのでしょうか。贄川宿、奈良井宿などを訪ね、「曲げ物」や「櫛」など、400年前から脈々と続く地場産業の作業現場へおじゃまして、伝統の知恵と技を見せていただきます。講師は超一流の職人ばかりです。

◇ 期 間 2004年9月26日(日)〜28日(火) 2泊3日
 集合 9月26日(日)13:00 JR「塩尻」駅
 解散 9月28日(火)15:00 JR「木曽福島」駅

コーディネーターからのメッセージ
表街道の東海道に対して裏街道とよばれた木曽路。そこには表街道には真似のできないしたたかな知恵があり、現代にも通じるサービスがあります。江戸を意識した産業−塗り物、曲げ物、お六櫛は、いわゆる軽薄短小の商品。それら伝統の技を、作業場におじゃまして見せていただきます。木曽路を「古い街並み」としか理解していない方は、新しい発見の連続になることと思います。
尾藤政勇
(プロフィール)
飛騨に移り住んで21年、幼いときからものづくりの現場で育った。民宿「赤かぶ」の経営とキャンプ指導、落語の興行を本業の3本柱とするが、いずれも「昔の暮らしの知恵と技を未来につなぎたい」という強い思いで結ばれている

プログラムのポイント
○木曽路の知恵と技を一流の職人に学びます
○「現代の名工」青柳和邦さんの工房を訪ねます
○石畳の道が復元された鳥居峠を歩きます

アクセス
東京から塩尻へ 特急あずさで2時間50分
名古屋から塩尻へ 特急しなので1時間50分
大阪から塩尻へ 特急しなので約3時間

関連情報
お六櫛 http://www.localinfo.nagano-idc.com/kiso/orokukusi
曲げ物「花野屋」 http://www.hananoya-syouten.com
信州オンライン http://shinshu-online.ne.jp

地図検索 交通情報 天気予報

※くわしい情報は機関誌『エルダーの旅便り』に掲載しています。ご希望の方にはご郵送(もしくはFAX)いたしますのでご請求ください。お問い合わせ
※会員の方は、会員料金でご参加いただけるほか、機関誌『エルダーの旅便り』(年8回刊)をお届けしています。

back Page Top