エルダーの旅は、知的好奇心旺盛なシニアのための学びのプログラムです
エルダー旅倶楽部  
Homeへ 「エルダーの旅」の情報入会のご案内エルダー旅倶楽部についてお問い合せ アメリカ エルダーホステルへ

初夏の知床講座
花咲き乱れる初夏の知床ファームステイ
 

講座概要

スタンディングトレインに乗ってオホーツクの風を感じましょう
手つかずの自然が多く残され、野生生物が棲息する知床半島。その海・山・森をファームステイをしながら訪ね歩きます。エゾリス、キタキツネ、エゾシカなどが生息する「オホーツクの村」を訪ね、市民レベルでの自然保護100u運動を学びましょう。そして、知床半島の最端の町、相泊へ。浜一面に干された昆布の壮観、国後島を真近に望み、鯨の遊び泳ぐさまと出会えるかもしれません。希望者はオプションで幻の羅臼湖トレッキングへ。また、裏摩周の渓流は、地元の釣り愛好家おすすめのポイント。オショロコマを釣り、川遊びや小石ペインティングを楽しみましょう。ワイン片手に釣ったばかりの魚を食べ、満天の星空の下でバーベキューを楽しむなど、北海道の味覚も存分に味わってください。ファームステイでは軽い農作業やチーズ、バターの手作りを体験します。

◇ 期 間 2004年7月3日(土)〜7月6日(火) 3泊4日
 集合 7月3日(土)昼すぎ、女満別空港またはJR網走駅
 解散 7月6日(火)朝食後、各自の予定にあわせて送迎

コーディネーターからのメッセージ
みなさまには美しい自然のみならず、営々と受け継がれてきたこの地の人の暮らし、生業を含め、ありのままの姿を知り、大いに楽しんでいただくとともに、知床を支える担い手のひとりになっていただけるような奥深い出会いを願っています。
種市一郎
(プロフィール)
地元の人しか知らないとっておき知床の案内人。シンフォニーファームでは自閉症の子どもたちの学校も開設。NPOサニーサイドオホーツク代表。

プログラムのポイント
○知床の自然と市民の自然保護100u運動にふれます
○幻の羅臼湖トレッキングや裏摩周の渓流フィッシング
○ファームステイ酪農体験と、とっておきのチーズづくり
○北海道の味覚を存分に味わえます
アクセス
羽田空港→女満別空港 飛行機で1時間40分
大阪空港→女満別空港 飛行機で約2時間 
 (JR網走駅、女満別空港まで送迎します)

関連情報
斜里町立知床博物館 http://www.ohotuku26.or.jp/shari/museum
羅臼町 自然・観光 http://www.muratasystem.or.jp/~rausu/welcome04.html

地図検索 交通情報 天気予報

※くわしい情報は機関誌『エルダーの旅便り』に掲載しています。ご希望の方にはご郵送(もしくはFAX)いたしますのでご請求ください。お問い合わせ
※会員の方は、会員料金でご参加いただけるほか、機関誌『エルダーの旅便り』(年8回刊)をお届けしています。

back Page Top