エルダーの旅は、知的好奇心旺盛なシニアのための学びのプログラムです
エルダー旅倶楽部  
Homeへ 「エルダーの旅」の情報入会のご案内エルダー旅倶楽部についてお問い合せ アメリカ エルダーホステルへ

春の軽井沢講座   
ルリソウの咲くころ 軽井沢花紀行
 

講座概要

鮮やかな青色に輝くルリソウを探しに春の高原へ
若々しい緑に森が染まりはじめる5月。山道を歩く足もとには、空の青さが地上にこぼれたかのように、ルリソウの花がいっせいに咲きはじめます。優しいそよ風が抜けていくとき、ひと月遅れでやってくる高原の本格的な春の到来を感じます。軽井沢の森林や草原、湿原にはそれぞれの植生が見られ、貴重種も数多く自生しています。まずは軽井沢町植物園で、この地の植物の特性や季節の花を学びましょう。そして「離山(はなれやま)」へ。自生するサクラソウやルリソウが可憐な花びらを揺らしています。山歩きの後には、コーディネーター好みの蕎麦を堪能。食後には知る人ぞ知る不思議な「赤い川」をめざしてもうひと歩き。夕方にはこれまたコーディネーター好みの洋食屋さんへ。今回はエルダー用に特別メニューを用意していただきます。

◇ 期 間

2004年5月17日(月)〜5月19日(水) 2泊3日
 集合 5月17日(月)13:50 JR長野新幹線軽井沢駅
 解散 5月19日(水)11:15 いするの家


コーディネーターからのメッセージ
自然の中を歩くのが好き、路傍の小さな花によく目を留めてしまう、そんなナチュラル派にお勧めするこのプログラムは、豊かな自然を通して軽井沢を知っていただくのがねらい。足の裏で地形を確かめ、澄んだ空気を通して見える風景を目に焼きつける。「保健休養地」軽井沢を五感で感じ取ってください。柔らかな緑が降り注ぐこの季節、ぜひ軽井沢へお出かけください。
新井敬二・由利
(プロフィール)
プログラム企画には毎回四苦八苦するが、評価されたときの充実感がたまらなく心地よく、何度やってもやめられないと言うお二人。敬二氏は立ち上がったばかりの新団体・エルダー旅倶楽部の理事も務める。

プログラムのポイント
○春の高原に咲く花たちに出あう楽しみ
○豊かな自然を通して五感で感じる軽井沢
○経験豊かなコーディネーターで、初参加でも安心
アクセス
東京から約1時間10分 東京駅→軽井沢駅(JR長野新幹線)
大阪から約4時間30分 新大阪駅→(東京経由)軽井沢駅
                   (JR東海道新幹線と長野新幹線)

関連情報
軽井沢ネット http://karuizawanet.com/index2.html
軽井沢町商工観光課 http://www.town.karuizawa.nagano.jp
軽井沢観光協会 http://www.karuizawa.or.jp

地図検索 交通情報 天気予報

※くわしい情報は機関誌『エルダーの旅便り』に掲載しています。ご希望の方にはご郵送(もしくはFAX)いたしますのでご請求ください。お問い合わせ
※会員の方は、会員料金でご参加いただけるほか、機関誌『エルダーの旅便り』(年8回刊)をお届けしています。

back Page Top