エルダーの旅は、知的好奇心旺盛なシニアのための学びのプログラムです
エルダー旅倶楽部  
Homeへ 「エルダーの旅」の情報入会のご案内エルダー旅倶楽部についてお問い合せ アメリカ エルダーホステルへ


小笠原講座
アウトドアの達人・施勝彦が案内する
クジラと出あう南海の孤島・小笠原


講座概要

クジラも見ることができる、すばらしい眺望の「ウェザーステーション」
東京から南に千キロ離れた小笠原諸島は、およそ6千万年前に海底火山の活動によって誕生しました。太平洋の孤島として独自の自然進化をとげ、世界でもここにしか存在しない動植物を育みました。チャンスがない限りなかなか訪ねることのできない小笠原で、幕末の足跡を知り、固有の植物にふれ、深い藍色の海にクジラとのロマンを求めてクルージングに向かいましょう。夕暮れどきには天空が赤々と染まり、地球の丸さを感じる湾曲した海面に、ゆったり太陽が沈んでいきます。そして空がブルーから深い藍色に変わり、星が輝きはじめます。

◇ 期 間 2004年1月31日(土)〜2月5日(木)  5泊6日 
 集合 1月31日(土)9:30 竹芝桟橋
 解散 2月5日(木)15:30 竹芝桟橋


コーディネーターからのメッセージ
江戸幕府の直轄地として幕末の歴史が刻まれる南海の孤島、そして独自の生物進化の島、それが小笠原です。父島を中心に小笠原諸島の自然環境を海から観察。波の具合を見ながらホエールウォチングに向かいます。深い藍色の海が割れて巨大なザトウクジラが浮き上がってくるのが見えたらもう感動です。小笠原は多様な鯨類が見られる海域で、この季節には4種類のクジラに遭遇するチャンスがあります。
施 勝彦
(プロフィール)
ハラハラドキドキする冒険心を呼び覚ましてもらいたいと、エルダーの旅のアウトドア系講座を数多く担当する。アクティブでありながら、安心・安全な運営に定評がある、信頼できるコーディネーター。テレビ番組「サバイバー」のライフコーディネーターの経験も持つ。

プログラムのポイント
○アウトドアの達人・施勝彦コーディネーターが同行します
○父島ではホエールウォッチングのクルージングへ
○6千万年の進化の過程をめぐります
アクセス
「おがさわら丸」(小笠原海運)で約25時間半 竹芝桟橋→父島
 運賃(片道) 2等:22,570円、特2等:33,850円、1等:45,140円、特1等:52,190円、
         特等:56,490円
 乗船券の入手方法 小笠原海運本社へ電話予約(TEL:03-3451-5171、受付:平日9:00
              〜17:30)/インターネット予約/主要旅行代理店で購入/
             竹芝桟橋の東海汽船竹芝支店で購入

関連情報
小笠原村観光協会 http://www.ogasawaramura.com
おがさわら丸 http://www.ogasawarakaiun.co.jp/shokai
小笠原新聞社 http://www.ogpress.com

地図検索 交通情報 天気予報

※くわしい情報は機関誌『エルダーの旅便り』に掲載しています。ご希望の方にはご郵送(もしくはFAX)いたしますのでご請求ください。お問い合わせ
※会員の方は、会員料金でご参加いただけるほか、機関誌『エルダーの旅便り』(年8回刊)をお届けしています。

back Page Top