エルダーの旅は、知的好奇心旺盛なシニアのための学びのプログラムです
エルダー旅倶楽部  
Homeへ 「エルダーの旅」の情報入会のご案内エルダー旅倶楽部についてお問い合せ アメリカ エルダーホステルへ

軽井沢クリスマス講座        ★初参加の方におすすめの講座です
凛とした初冬の高原で
クリスマス・ウイークエンド・イン・軽井沢

 

講座概要

クリスマス聖壇。高原の教会で体験する音楽礼拝は格別の趣です
町のあちこちでクリスマスの飾りつけが始まると、高原の町に本格的な冬が到来します。軽井沢といえば“避暑地”。夏の場所というイメージがあり、冬に行くところではないと思われがちですが、近年、この地を愛する人びとの多くが、冬の凛とした空気と静まりかえった町の独特の風情に、新たな魅力を見いだしています。この講座のハイライトは、国内でも屈指の音色と評価の高いパイプオルガンが設置された軽井沢追分教会でのクリスマス音楽礼拝への参席。その体験をより一層深められるよう、宗教的な側面からクリスマスの意味を探るレクチャーを組み入れています。

◇ 期 間 2003年12月13日(土)〜14日(日)
 集合 12月13日(土)13:50 JR長野新幹線 軽井沢駅改札口
 解散 12月14日(日)16:30 しなの鉄道 信濃追分駅

コーディネーターからのメッセージ
ものみな凍りつく冬の高原では、「ちょっとそこまで」と気楽に外に出るわけにはいきません。頭からつま先までしっかりと暖かく身を包み、気合いを入れて出かけます。それでも、頬に冷たい透き通った空気を感じながら歩くのはこのうえなく気持ちよく、家に戻って飲む暖かい紅茶はいのちまで暖めてくれます。この時期は初雪が舞う頃。運がよければホワイト・クリスマスとなることも・・・。
新井敬二・由利
(プロフィール)
「もうネタ切れだぁ!」と言い続けながらも講座を企画し続けて10年。軽井沢を生活の場としてとらえず、滞在者の気分でいることが魅力再発見の秘訣とか。つかず離れずのホスピタリティーが参加者の評価を高めている。敬二氏は当協会の理事も務める。

プログラムのポイント
○教会でクリスマス音楽礼拝を体験
○初参加でも気楽に楽しめるショートプログラム
○静かな軽井沢の冬の魅力を発見
アクセス
東京から約1時間10分 東京駅→軽井沢駅(JR長野新幹線)
大阪から約4時間30分 新大阪駅→(東京経由)軽井沢駅
                   (JR東海道新幹線と長野新幹線)

関連情報
軽井沢ウェブ http://www.karuizawa.co.jp/
軽井沢町 http://www.town.karuizawa.nagano.jp/
軽井沢観光協会 http://www.karuizawa.or.jp/

地図検索 交通情報 天気予報

※くわしい情報は機関誌『エルダーの旅便り』に掲載しています。ご希望の方にはご郵送(もしくはFAX)いたしますのでご請求ください。お問い合わせ
※会員の方は、会員料金でご参加いただけるほか、機関誌『エルダーの旅便り』(年8回刊)をお届けしています。

back Page Top