エルダーの旅は、知的好奇心旺盛なシニアのための学びのプログラムです
エルダー旅倶楽部  
Homeへ 「エルダーの旅」の情報入会のご案内エルダー旅倶楽部についてお問い合せ アメリカ エルダーホステルへ

秋のオホーツク講座
遡上する鮭と出会い、自然と味覚を楽しむ 
秋のオホーツクの自然に触れ、体験し、味わう

 

講座概要

ダッチオーブンで蒸し焼きに
オホーツク海(海抜0m)から屈斜路湖外輪山の藻琴山(標高1000m)のエリアには、多様な自然植生と動物相が存在し、人びとは、海と高原の中間で生活を営んでいます。オジロワシの視野からオホーツクを眺めると、自然と人間の共存する世界が重層的に見えてきます。大海原を旅して川に戻ってくる鮭たちから生命の意味を学び、オホーツクの大地と太陽の子供「ジャガイモ」を収穫して、美味しい食べ方も学びましょう。

◇ 期 間 2003年9月21日(日)〜24日(水)
 集合 9月21日(日)13:00 JR網走駅
 解散 9月24日(水)9:00 JR網走駅

コーディネーターからのメッセージ
海の幸や山の幸、そして広大な畑と寒暖の差と日照時間の長さが生み出す農産物のおいしさは逸品です。最も豊かな収穫の時期に、本当の豊かさと、その裏にある食に関わる人びとの姿、さまざまな問題にも耳を傾けていただければと思います
種市一郎
(プロフィール)
オホーツクの地にとりつかれ、移り住んで20年。地元の人だからこそ知っている“良さ”と永く住んでいるために気づかないでいる“素晴らしさ”をイイトコ取りで大いに楽しむ。そんな喜びを多くの人たちと共有するためにコーディネーターに挑戦し続けている。

プログラムのポイント
○ノトロ湖畔のサンゴ草、知床連峰遠望などオホーツクの秋を探訪
○遡上する鮭の観察と鮭漁の見学
○作物収穫と酪農体験
アクセス
東京から約2時間 羽田空港→女満別空港
大阪から約2時間 関西空港→女満別空港


関連情報
網走市 http://www.city.abashiri.hokkaido.jp/
網走市観光協会 http://www2s.biglobe.ne.jp/~abashiri/
旅なび!網走 http://www2.ohotuku26.or.jp/tabinavi/index.html
NPOサニーサイドオホーツク http://www.sunny-side.jp/

地図検索 交通情報 天気予報

※くわしい情報は機関誌『エルダーの旅便り』に掲載しています。ご希望の方にはご郵送(もしくはFAX)いたしますのでご請求ください。お問い合わせ
※会員の方は、会員料金でご参加いただけるほか、機関誌『エルダーの旅便り』(年8回刊)をお届けしています。

back Page Top