エルダーの旅は、知的好奇心旺盛なシニアのための学びのプログラムです
エルダー旅倶楽部  
Homeへ 「エルダーの旅」の情報入会のご案内エルダー旅倶楽部についてお問い合せ アメリカ エルダーホステルへ

初秋の軽井沢講座
「Mt. ASAMA」に抱かれて
火の山が紡いだ軽井沢


講座概要

くり返し噴火を続けてきた「浅間山」。軽井沢の象徴として静かに立ちつくす
夏の喧噪が嘘のように過ぎ去る10月の軽井沢は、浅間山の懐に抱かれた「美しい村」本来の静けさを取り戻します。ひときわ目を引く落葉松に絡まるツタウルシの赤の向こうには、うっすらと白い煙をたなびかせる優美な浅間山の姿が・・・。 今回のプログラムでは、軽井沢のランドマークととも言うべき浅間山に焦点を合わせ、ひと足早い高原の秋を楽しんでいただきます。

参加要領 【2003年】
◇ 期 間 9月28日(日)〜10月1日(水)
 集合 9月28日(日)13:30 「いするの家」
 解散 10月1日(水)11:15 「いするの家」
◇企画運営 いするの家・西原脩三記念館
◇ 宿 舎 いするの家・西原脩三記念館 http://www.d4.dion.ne.jp/~isr.k/
 1名1室追加料:1,000円/泊(5室可)
 2名1室追加料:不要(7室可)
◇ 参加費 会員:46,300円
一般:48,300円
◇ 定 員 15名

コーディネーターからのメッセージ
今回のプログラムの焦点である浅間山をテーマにするのは初めてです。このプログラムは私たちにも新鮮であり、再発見の可能性を秘めています。浅間の山肌が最も美しく見える秋の軽井沢講座にぜひご参加ください。
新井敬二
(プロフィール)
ホステラーには息のあった二人と評判。10年以上のコーディネーター経験を持ち、初参加からベテランまで、さまざまなホステラーの期待に応えるべく、つねに新たな視点で軽井沢の魅力を掘り起こしている。

プログラムのポイント
○ 浅間山が創りだした軽井沢の風光を堪能していただきます
○ 火の山の脅威と恵みを体感できます
アクセス
東京から約2時間弱 東京駅→軽井沢駅(タクシー20分)→「いするの家」
大阪から約5時間弱 東京経由が便利です

関連情報
軽井沢ウェブ http://www.karuizawa.co.jp/
軽井沢町 http://www.town.karuizawa.nagano.jp/
軽井沢観光協会 http://www.karuizawa.or.jp/kankokyokai/

地図検索 交通情報 天気予報

※くわしい情報は機関誌『エルダーの旅便り』に掲載しています。ご希望の方にはご郵送(もしくはFAX)いたしますのでご請求ください。お問い合わせ
※会員の方は、会員料金でご参加いただけるほか、機関誌『エルダーの旅便り』(年8回刊)をお届けしています。

back Page Top