エルダーの旅は、知的好奇心旺盛なシニアのための学びのプログラムです
エルダー旅倶楽部  
Homeへ 「エルダーの旅」の情報入会のご案内エルダー旅倶楽部についてお問い合せ アメリカ エルダーホステルへ

世界遺産ハロン湾と海南島・香港周遊クルーズ

優雅な洋上の休日を5日間で体験する
「海の桂林」と称されるベトナム・ハロン湾の幻想的な世界と
中国を代表するビーチリゾート海南島を訪れます。

資料請求
クルーズ説明会

概要
北欧 フィヨルド
1600もの奇岩があるハロン湾

船旅3日目、アクエリアスはこの航路のハイライト、世界遺産・ハロン湾に入る。海面から突き出した1600もの奇岩群はまるで水墨画を眺めているかのようだ。「海の桂林」とも呼ばれる幻想的な風景がゆっくりと目の前で展開していく。時代から取り残されたかのような赤い帆を張った小舟が静かに目の前を通り過ぎる。
 「ハロン」という地名は、「降りる」を意味する「ハ」と「竜」を意味する「ロン」から成っている。かつて外敵の侵攻に悩まされていたとき、天から現れた竜の親子が口から火を吐いて敵を打ち破り、その炎が湾内の奇岩に姿を変え、その後も外敵の侵入を防いだと言い伝えられている。数世紀前までは海賊の隠れ家としても使われていたが、現在では無人島となっている。
 100キロ四方ともいわれるこの奇岩群は、もともと生物の死骸が積み重なってできた石灰岩だった。気の遠くなるほどの長い歳月をかけ、石灰岩の台地が沈下し、風化作用によって現在の姿になった。奇岩群は、太陽の位置、また雨や霧などによっても、その表情をがらりと変える。大自然が造り上げた彫刻からは一時も目が離せない。
 停泊してからは、小舟で奇岩の洞窟を探検したり、鍾乳洞を訪問したり、陶器で有名なバッチャン村へも足を伸ばせる。寄港地での時間を有意義に過ごしたい。


プログラムのポイント

 ディナー時の乾杯ドリンクつき
 クルーズの思い出の写真をプレゼント
 クルーズナビゲーターによる船内ツアー


申込み
参加要領 【2009年】 催行中止
◇ 期 間

2009年2月21日(土)〜2月27日(金)
 船内4泊5日 日本発着○日間
現地6泊7日機中○泊
集合 2009年2月21日(土)

◇ 滞在都市
◇ 乗船客船

1日目 九龍半島地区のホテル(部屋指定なし)
2〜5日目 船内泊 スーパースター・アクエリアス

◇ 参加費 オーシャンビューステート 169,000円
  (1人部屋追加代金 60,000円)
インサイドステート 155,000円
  (1人部屋追加代金 50,000円)
2名様1室/大人お一人様料金
※上記以外にもバルコニー付きキャビンもございますのでお問合せください。
朝食4回・昼食5回・夕食4回(計13回)
◇その他料金・諸税について 以下は旅行代金に含まれておりません。旅行代金と合わせてお支払いください。
パッセンジャーハンドリングチャージ10,000円・燃油サーチャージ約3,500円(2008年7月現在)
※ 航空券は旅行代金の中に含まれていません。
※ 香港往復航空券ご希望の方はグローバルキャンパスまでお問合せください。
◇ 注意事項

パスポート残期間:乗船時6ヶ月以上必要です。

◇ 定 員 最少催行人員8人
◇ 同行者 クルーズナビゲーター 喜多川リュウ
※パッセンジャーハンドリングチャージ・燃油サーチャージは予告なく変更になる場合がございます。
クルーズナビゲーターからのメッセージ

最初のうちはなかなかクルーズの楽しみ方がわからないものです。ドレスコードやテーブルマナーをはじめ、ショーやカジノといった船内での過ごし方、楽しみ方を分かりやすく伝授いたします。自分流のクルーズの楽しみ方をぜひ見つけてください。

Kitagawa Ryu 喜多川リュウ

(プロフィール)
東京生まれ。クルーズ・アドバイザー、旅行作家協会会員。20代より、北米、ヨーロッパ、オーストラリアを放浪し、大学在学中に添乗員デビューを果たす。クルーズ専門添乗員、レポーターとして年間の半分を洋上で過ごす。著書に旅のウラ技を伝授した「海外パックツアーをVIP旅行に変える78の秘訣」(実業之日本社刊)がある。


関連情報
気候 

香港 ガイドブックにのっていな香港…
ハロン湾 世界遺産ハロン湾をNHKで紹介しています

世界遺産ハロン湾と海南島・香港周遊クルーズの詳細について

くわしい情報は機関誌『エルダーの旅便り』に掲載しています。ご希望の方には最新版を無料で一部ご郵送いたします。(FAXも可能)

資料請求


back Page Top