エルダーの旅は、知的好奇心旺盛なシニアのための学びのプログラムです
エルダー旅倶楽部  
Homeへ 「エルダーの旅」の情報入会のご案内エルダー旅倶楽部についてお問い合せ アメリカ エルダーホステルへ

マウイ英会話講座
マウイ島の大自然のなかで学ぶ英会話
アロハ・スピリットに包まれたハワイ文化体験

  
申込み
講座説明会
  
講座概要  
ホエールウォッチング
オプションでホエールウォッチングも

午前はレベルに合わせて英語レッスン
午後はハワイ文化体験
2010年春の「ハワイ大学マウイ校英語研修講座」で、地元の人との交流をサポートし、その心配り、気遣い、おもてなしの細やかさでGCJの参加者を魅了したステファニー・オオヒガシさんが、今回は講座のすべてをアレンジします。
平日の午前中は、宿泊のマウイ・ビーチホテルの会議室で経験豊かなネイティブの教師による英語学習。少人数で、ひとりひとりのレベルを考慮しながらレッスンは進みます。ゲームなども交えた授業で、ゆっくり楽しみながら英会話力をつけていけるでしょう。
また、ハワイ王国の統一、繁栄からハワイ共和国へ、そしてアメリカ合衆国50番目の州となるまでの歴史について学ぶ「ハワイ歴史講座」も予定しています。
午後のアクティビティでは、フラ、レイ作りなどでハワイ固有の文化に親しんでいただきましょう。フラは日本でも大変人気でスクールも数多くありますが、本場の先生からフラの精神とともに教えていただく奥深い世界は、思い出深いものになることでしょう。

「魔法の島」マウイ島ならではの自然を満喫
マウイ島の冬の名物、ザトウクジラは、毎年、だいたい12月 初旬から4月の終わり頃まで、寒くなる冬のアラスカから暖かいマウイの海へ、約80日間かけて 繁殖活動のためにやってきます。講座開催の1月は、ホエール・ウォッチングのピーク時で島全体がうきうきした雰囲気に包まれるといいます。 熟練したガイドの案内でボートに乗り、クジラが楽しそうに浮かび上がったり、しっぽで水をたたいたり、潮を噴き上げる姿を観察しましょう。生まれたばかりの赤ちゃんクジラと親クジラの微笑ましい姿も見ることができるかもしれません。
また講座では、このほかに「魔法の島」と呼ばれるマウイ島の自然を楽しむ半日エクスカーションを計3回予定しています。

夜が遅いのでオプションとなりますが、「ハレアカラ山頂星空観測」で静寂と漆黒の暗闇のなか美しい星空を眺めたり、険しい道のりでのドライブに挑戦してみたい方には「ハナへの道」をご案内し、生い茂る熱帯雨林、豊かな水が流れ落ちる滝、ドラマチックな海の景色を見たり、ハワイの大自然を体感していただきます。

参加要領 【2012年】
◇ 期 間

2012年1月20日(金)〜31日(火) 11泊12日
帰路機内1泊 日本帰着は2月1日(水)

◇滞在都市
  宿泊先

マウイ島カフルイ
宿泊施設 マウイ・ビーチホテル
講座実施機関 Halenani O' Maui Events

◇ 参加費

会員 298,000円
一般 308,000円
シングル追加料金 77,000円
*現地までの航空運賃、往復約15〜17万円(燃油サーチャージ・諸税別)は、各自でご手配いただくか、または指定旅行社をご紹介いたします。
食事 朝食11回、昼食8回、夕食8回

◇ 定 員 12名(最少催行人員 8名)

コーディネーターからのメッセージ
ステファニー
2010年に引き続き、今回もGCJのみなさまをお迎えできることを大変嬉しく思います。「魔法の島」といわれるマウイ島には、目を見張るような美しい自然が広がっています。リラックスした雰囲気のなかで進められる英会話のレッスンで自信をつけたあとは、フラやレイ作りを通してハワイ文化に親しみ、美しいビーチ、熱帯多雨林への訪問で自然を満喫しましょう。おもてなしのアロハ・スピリッツいっぱいにレイを手にしつつ、みなさまのお越しをお待ちしています。
                      ステファニー・サユリ・オオヒガシ 
                      Stephanie Sayuri Ohigashi

(プロフィール)
1947年ハワイ生まれ。ハワイ大学卒。Halenani O Maui-Eventsを主宰するとともに、マウイ郡評議会の役員補佐を務めながら、日本からのホームステイ受け入れに15年にわたって尽力している。3人の息子の母でもあり、夫は弁護士で料理がお得意。趣味は藤間流の日本舞踊とフラ。


プログラムのポイント

リラックスした雰囲気での英会話学習
マウイの自然・文化のなかでの体験学習
マウイの日系人との心温まる交流


関連情報
○気候:マウイ島の3月の平均気温:最高約28℃、最低約17℃、○時差:−19時間
○フライト時間:日本から約10時間

マウイ島観光局 公式ホームページ
お役立ちリンク 海外講座編
※くわしい情報は機関誌『GCJ』に掲載しています。ご希望の方にはご郵送(もしくはFAX)いたしますのでご請求ください。お問い合わせ
※会員の方は、会員料金でご参加いただけるほか、機関誌『GCJ』(年8回刊)をお届けしています。

back Page Top