エルダーの旅は、知的好奇心旺盛なシニアのための学びのプログラムです
エルダー旅倶楽部  
Homeへ 「エルダーの旅」の情報入会のご案内エルダー旅倶楽部についてお問い合せ アメリカ エルダーホステルへ


ベトナム・カンボジア講座

インドシナ半島の歴史遺産と今を訪ねて
グェン朝・チャンパ王国そしてアンコール朝遺跡へ
 

申込み
 講座説明会
       
講座概要

伝統衣装のアオザイは
フエ王朝からの型だそう
 南北に細長いベトナムは、北部にはハノイを中心とした平野が広がり、中部にはアンナン山脈が海岸までせり出し、南部はメコン川下流のデルタ地帯となります。このような国土のうえに、中国とインドという二大文明に挟まれ、多民族がせめぎあった歴史は複雑で、独特の歴史遺産を残しました。
北部のキン族は千年ものあいだ中国の支配下におかれ、10世紀にようやく独立します。ハノイを首都とする王朝がいくつも興亡しながら南部に拡大し、1802年に全土を統一したグェン朝は、都をフエに移しました。ベトナム中・南部にはチャム族のチャンパ王国が中継貿易で莫大な富を築き、インド文化とヒンドゥー教の影響を受けた寺院などを建築しました。南部からカンボジアにかけてはクメール族が支配を広げ、その王国の最盛期がアンコール王朝です。
この講座では、インドシナ半島に栄え互いに抗争を続けたこれらの王朝の栄華の跡を訪ね、また地元の人との交流から現代の暮らしを肌で感じていただきます。
 まずベトナム経済の中心都市ホーチミンに一泊し、活気あふれる市街やベトナム最大の中華街「チョロン地区」を散策しましょう。翌日は、ベトナム最後の王朝グェン朝の都フエへ。澄んだ美しい水がゆったりと流れるフォーン川沿いには、グェン朝時代の名残を感じさせる建築が並びます。また流域には歴代の皇帝が眠る廟があり、このフエの建物群は世界遺産にも登録されています。中国文化を感じさせ、落ち着いた情緒のあるフエの歴史遺産をめぐります。
ここではまた日本語学校を訪ね、20〜30代の学生たちと交流し、ともに市内を散策する予定です。アジアで急成長するベトナムの現在の暮らしや文化を知る良い機会になるでしょう。
 2〜15世紀に栄えたチャンパ王国の海上交易の拠点となったのが、港町ホイアンです。世界各国からの商船が集まり、西洋と東洋の人と物が交わる重要な交易港でした。その歴史を伝える町並みが今も残されています。ホイアンではチャンパ博物館を見学し、旧市街を散策しましょう。
チャンパの遺跡には、シヴァ神をはじめヒンズー教の影響が色濃くみられます。ホイアンから南西に約50qにあるチャンパ王国の最大の遺跡群「ミーソン遺跡」も訪ねます。


ベトナム・カンボジア講座のポイント

ベトナムの世界遺産の歴史を訪ねる
アンコール遺跡の美と謎にふれる
現地の人と交流し現代の暮らしを知る


参加要領 【2009年】 
◇ 期 間 現地講座期間 8泊9日
3月1日(日)〜9日(月)
帰路機内1泊、日本帰国は3月10日(火)
◇ 滞在都市

ホーチミン1泊、フエ2泊、ホイアン2泊、シェムリアップ3泊
中級以上のホテル

◇ 参加費

会員 187,000円
一般  197,000円
  個室追加料金  37,000円

◇ 定 員 20人  最少催行人員 10人
◇ 同行者 グループリーダー1名

関連情報
○気候:2月のベトナム中部(フエ)の平均気温:最高約28℃、最低約23℃、○時差:-2時間
○フライト時間:日本から約5時間、○指定旅行社が手配する往復航空券:約10万円
○燃油サーチャージ、諸税約3.2万円

ベトナム・ツーリズム ベトナム観光局による公式サイト
ベトナム社会主義共和国 外務省によるベトナム概要
カンボジア政府観光局 カンボジア政府観光局の公式サイト
上智大学アンコールワット遺跡国際調査団 アンコールワット遺跡調査による詳細情報
お役立ちリンク 海外講座編

ベトナム・カンボジア講座の資料請求

くわしい情報は機関誌『エルダーの旅便り』に掲載しています。ご希望の方には最新版を無料で一部ご郵送いたします。(FAXも可能)

資料請求


back Page Top