エルダーの旅は、知的好奇心旺盛なシニアのための学びのプログラムです
エルダー旅倶楽部  
Homeへ 「エルダーの旅」の情報入会のご案内エルダー旅倶楽部についてお問い合せ アメリカ エルダーホステルへ

アイルランド講座

アイルランドの田園の暮らしとケルト文化
景観にとけこむ伝統と音楽とギネス

資料請求

講座概要
北欧 フィヨルド
エリザベスT世によって創設された伝統ある大学、トリニティ・カレッジ。図書館の展示室には「ケルズの書」が展示されている。

北海道とほぼ同じ広さの島に約413万人が暮らすアイルランド島。紀元前500年ごろ、大陸からケルト族がやってきました。その後8世紀末、ノルマン人(バイキング)の襲来によりケルトとノルマンの文化が融合することになります。そして12世紀に入り、この島は大英帝国の支配下におさめられ、20世紀初頭にアイルランドは独立をかちとることになります。
 人口の約88%がカトリック教徒で、5世紀にローマ法王から派遣された聖パトリック(司教)がアイルランドをキリスト教化して以来の伝統です。
 こうした人びとの往来の歴史が、アイルランド独特の文化と伝統をつくりあげてきました。本講座では、魅力あふれるアイルランドを「自然と歴史」という2つの観点から、その真髄にせまります。
 ケルト人のつくった小さな町だったダブリンは、8世紀末にノルマン人の襲来と占領を受け、城壁のある街となりました。12世紀に、イギリス王ヘンリー2世がこの街をアイルランド支配の拠点にしたことから街は発展し、18世紀後半には大英帝国第2の都市となりました。
 街を歩けば、かつての栄華を今に伝えるジョージ王朝様式の美しい建築物を見ることができます。現在のダブリンは、歴史を刻んだ建造物と、現代文化の発信地としての両面をあわせもつ魅力あふれた都市といえます。


プログラムのポイント

 アイルランド南西部の景勝地をめぐる
 首都ダブリンの歴史と文化にふれる
 魅惑のアイルランド伝統音楽と食文化を堪能する


申込み
参加要領 【2008年】
◇ 期 間

7月8日(火)〜17日(木)
帰路機内1泊、日本帰国は7月18日(金)

◇ 滞在都市
◇ 宿泊施設

滞在都市 キラーニー4泊、ダブリン4泊
宿泊施設 中級以上のホテル(個室追加料金 75,000円)

◇ 実施機関

EILアイルランド

◇ 参加費 会員 347,000円(3昼食、2夕食を除く)
一般 357,000円
◇ 定 員 25人  最少催行人員 14人
◇ 同行者 18名以上の場合日本から1名

コーディネーターからのメッセージ
 

グローバルキャンパスの皆さまに、アイルランドを紹介できることを大変嬉しく思います。このプログラムは、音楽やフォークロアといったアイルランドの伝統文化だけでなく、現代のアイルランドをも探求するものです。旅の中で皆さんはケリー州の雄大な自然を体感し、国際都市ダブリンでは歴史だけではなく、現代の若者文化をも目にすることでしょう。このプログラムが、皆さまにとって学びの場となり、エキサイティングで楽しいものとなりますように。

Fiona O'Leary フィオナ・オレイ

(プロフィール)
コーク市生まれ。アジア(香港、インド、スリランカ)を含む世界中を旅した経験を持つ。現在はEILアイルランドで、アイルランドを訪れる人々に教育的・文化的なプログラムの企画、提供を担当している。アイルランドの魅力を世界中の人々に紹介したいとはりきっており、グローバルキャンパスの皆さんに会えることを楽しみにしている。


関連情報
フライト時間 約14時間  ○時差 -8時間
気候 アイルランドの7月の最高気温は19度くらい、最低気温は10度を下回る

アイルランド政府観光庁 公式ホームページ
ギネスビール 世界150カ国で愛飲されています

アイルランド講座の詳細について

くわしい情報は機関誌『エルダーの旅便り』に掲載しています。ご希望の方には最新版を無料で一部ご郵送いたします。(FAXも可能)

資料請求


back Page Top