エルダーの旅は、知的好奇心旺盛なシニアのための学びのプログラムです
エルダー旅倶楽部  
Homeへ 「エルダーの旅」の情報入会のご案内エルダー旅倶楽部についてお問い合せ アメリカ エルダーホステルへ

シルクロード講座

シルクロードに悠久の歴史を訪ねる

敦煌・西安で人類の遺産を探訪

申込み

講座概要


石窟の多さから千仏洞と
称される莫高窟

古の商人たちが絹や異文化を運んだシルクロード。この講座では、中央アジア「オアシス路」の二大拠点である西安と敦煌を訪ねます。唐の都「長安」として二千年もの間繁栄し、シルクロードの玄関口でもあった西安では、秦の始皇帝陵「兵馬俑」や、阿倍仲麻呂の足跡を訪ねましょう。また、唐楽宮の優雅なステージや、西安名物の「餃子宴」もお楽しみいただけます。仏教の聖地であった敦煌では、4世紀から1000年にわたり無数の石窟がつくられ、仏教壁画や菩薩像など、目を見張る文物が埋蔵されています。世界遺産の「莫高窟」では、専門の研究員から歴史的背景を学び、普段は非公開の特別級の石窟にも足を運んでみましょう。
 日中関係に関心が高まっているこの時期こそ、世代を越えた市民同士の顔の見える交流と相互理解が大切と考え、西安の大学生たちとの交流会も企画しました。日本語や英語を交えての交流会を予定しております。


シルクロード講座 プログラムのポイント
●莫高窟では非公開の石窟を見学
●日本とは異なる「土の文化」を学ぶ
●西安の学生との座談会を開設


参加要領  【2005年】
◇ 期 間 10月20日(木)〜10月26日(水) 6泊7日
  日本帰国は10月26日(水)
◇滞在都市

西安3泊、敦煌3泊
 市内上級ホテル

◇ 参加費 会員 165,000円
一般 175,000円
  *個室追加料金 25,000円
◇ 定 員 28人  最少催行人員12人

コーディネーターからのメッセージ
日本の色は緑であれば、中国西北の色は黄でしょう。砂漠では風にも砂が混ざり、全体が黄色く見えます。しかし、この世界は土や砂の優れた文化を持ち、科学技術が進んだ現在でも謎がいっぱいです。中華民族の源で中原の都「西安」、西北対外の関「敦煌」。ふたつの街を代表する兵馬俑と莫高窟をつくりあげた現場で、当時の社会環境、そして生活や習慣にふれ、日本とまったく異なる「土の文化」をご理解いただけるよう企画しました。みなさまのご参加をお待ちしています。

周 昊
Zhou Hao

(プロフィール)
日本語が堪能で、ユーモアあふれるトークと熱心さで慕われる名物コーディネーター。蘇州市国際交流中心に勤務し、政府や民間の国際相互理解の推進に尽力する


関連情報
○気候:10月の敦煌の平均気温:最高約19℃、最低約0℃、○時差:−1時間
○フライト時間:日本から西安約6時間半、西安から敦煌約2時間、
○指定旅行社が手配する往復航空券:約13万円

ユネスコ・アジア文化センター
敦煌莫高窟
莫高窟についての概要
中国国家観光局 中国全土の観光情報
世界遺産
秦の始皇帝
TBS放送の「世界遺産」より。撮影時のエピソードも含めた特集
NHKスペシャル
「新シルクロード」
第6集の「敦煌 石窟に死す」は6/13、6/19に放送予定です
お役立ちリンク 海外講座編
※くわしい情報は機関誌『エルダーの旅便り』に掲載しています。ご希望の方にはご郵送(もしくはFAX)いたしますのでご請求ください。お問い合わせ
※会員の方は、会員料金でご参加いただけるほか、機関誌『エルダーの旅便り』(年8回刊)をお届けしています。

back Page Top