エルダーの旅は、知的好奇心旺盛なシニアのための学びのプログラムです
エルダー旅倶楽部  
Homeへ 「エルダーの旅」の情報入会のご案内エルダー旅倶楽部についてお問い合せ アメリカ エルダーホステルへ


バリ島講座
芸能と神々の島〜バリ島
暮らしのなかの芸能と祭礼

申込み
   「バリ島講座」説明会 東京2/2(水)、大阪2/3(木)
講座概要

正装で寺院の祭礼に参加。聖水をかけてもらいました(前回講座)
バリ島の真ん中近く、周囲に青々とした棚田が広がる村ウブド。多くの踊り手や芸術家、そして彼らの活動を支える工房などが集まる、バリ屈指の芸能と芸術の村ウブドに滞在します。 講座期間中に予定されている祭礼に私たちも正装の民族衣装で寺院に出かけましょう。暮らしに根ざしたバリの祭礼と芸能にふれるまたとない体験です。そして、 いくつもあるバリの芸能に毎日ひとつずつふれていきます。各種ダンスのステージ鑑賞はもちろんのこと、著名な先生の実演を間近で見聞きします。また、打楽器ガムランの実技指導を受け、踊りの基本を学びます。そして舞踊団をお招きし、私たちだけのための特別ステージが繰り広げられます。バリ芸能の世界にどっぷりと浸りましょう。

参加要領 【2005年】
◇ 期 間 3月21日(月)〜3月26日(土) 5泊6日
 帰国予定日は3月27日(日)、帰路機内1泊
◇滞在都市 ウブド5泊
◇ 参加費 会員 176,000円(昼食1回含まず)
一般 186,000円( 〃 )
  *個室追加料金 35,000円
◇ 定 員 28人  最少催行人員15人

コーディネーターからのメッセージ
バリ島ではぜひ、芸術の役割と独特の文化を発見してください。何種類もの舞台(野外劇場もあります)を鑑賞し、バリ芸能の醍醐味を十分に味わいます。バリの舞や音楽は刺激的でダイナミック! この世のこととは思えないかもしれません。3月はまだ雨の多い季節ですが、水田は青く潤い、街は花であふれるすばらしいとき。「ほんとうのバリ」を体験し、バリ人と同じ目線で文化をながめるお手伝いをします。みなさんのお越しを心より歓迎します。

ルチナ・バリンガー
Rucina Ballinger

(プロフィール)
バリ在住30年。家族はバリ人の夫と2人の息子。ハワイ大学でアジア研究・舞踊民族学を専攻。バリで舞踊を学び、バリや米国全土で舞台を経験する

プログラムのポイント
○バリの正装で祭礼に参列します
○エルダー旅倶楽部だけのための特別舞台で舞踊を鑑賞します
○村の日常や小学校を訪ねます

関連情報
○気候:3月のウブドの平均気温:最高約31℃、最低約25℃、○時差:−1時間、○フライト時間:約7時間、○指定旅行社が手配する往復航空券:7〜8万円
政府観光局 http://jpn.budpar.go.id/attraction.php
基本情報
(地球の歩き方)
http://www.arukikata.co.jp/country/indonesia.html
東京新聞・伝統芸能名流 http://www.tokyo-np.co.jp/meiryu/20011124m1.html
お役立ちリンク 海外講座編
※くわしい情報は機関誌『エルダーの旅便り』に掲載しています。ご希望の方にはご郵送(もしくはFAX)いたしますのでご請求ください。お問い合わせ
※会員の方は、会員料金でご参加いただけるほか、機関誌『エルダーの旅便り』(年8回刊)をお届けしています。

back Page Top