エルダーの旅は、知的好奇心旺盛なシニアのための学びのプログラムです
エルダー旅倶楽部  
Homeへ 「エルダーの旅」の情報入会のご案内エルダー旅倶楽部についてお問い合せ アメリカ エルダーホステルへ

感動のメッセージ(11)
-2004年6〜7月実施講座から- 2004.9.8.

講座に参加されたみなさんに、その場で感想やメッセージをお書きいただいています。「エルダーの旅」ならではの、感動、驚き、発見の数々。思い出の写真とともに、少しご紹介しましょう。

施勝彦と行くクイーンシャーロット島講座
「巨木の森とハイダ族のロストワールド
    カナダ神秘の島クイーンシャーロット」

6/1〜9  講座概要


深い森にあふれる“気”を体いっぱい取り込んで元気をもらいました

○いままでほとんど耳にしたこともなかった未知の島・クイーンシャーロット島を、こんなにも身近でなつかしいと思うほど、強い興味関心を持つことができるようになったのは、コーディネーターの施さんの島に対する熱い思いが伝わったからでしょう。雨露をしっかり含んだ巨木の森の柔らかく美しい苔、スリルいっぱい、冒険心を満足させてくれたゾディアック(ジェットゴムボート)での船旅、自然に生息するさまざまな野生動物たちとの出合い、そしてこの講座に参加されたエルダーの人たちとの交流など、また財産が増えました。

モンゴル講座
「大草原と青い空 遊騎馬民族の国モンゴルを訪ねる」

6/16〜23  講座概要


特別にカラコルム大学の卒業式に参列。思いがけず学生の喜びにふれました

○チンギスハーンの国、壮大な世界観をもって、人びとが自然に溶け込んで、家族仲よく助け合って、普通の営みを継続していける国をつくることをめざした彼の理念を再認識する旅でもありました。その血は人びとのなかに脈々と流れつづけ、議論し合い、国づくりに生かされているようです。いろいろな分野で活躍する人びとにも会うことができました。若い国です。どのように発展していくか楽しみでもあり、お手伝いできることがあればと思っています。

ニューヨーカー体験講座
「アメリカ市民社会にふれるニューヨーカー体験
  ブロードウェイを中心にボランティア活動に挑戦」

6/22〜28  講座概要


ハーレム地区にある小学校を訪問。生徒たちの歓迎に笑顔

○今回の旅は想像していたよりはるかに実のあるものであったと思います。いままでの人生は、専業主婦で、自分の楽しみばかりを考えて生活していましたが、今回のボランティア体験は、まわりに目を向けていくよい機会になりました。とくにグリーンチムニーズ(児童更生施設)での子どもたちとのふれあいをとおして、いろいろな面でたいへん勉強させられました。深いものを感じとりました。こういう旅のしかたもあるのだと、たいへん満足しました。

初夏の秋田講座
「賢治の世界を旅するミュージカル『銀河鉄道の夜』と
 花の百名山・森吉山花めぐり行き秋田内陸縦貫鉄道」

6/26〜29  講座概要


貸し切りのお座敷列車で内陸縦貫道の旅を楽しみました

○内陸縦貫鉄道のネーミングに魅力を感じ、一度は乗ってみたいと思っていました。銀河鉄道さながら、夢を乗せて走る列車を重ね合わせ、雰囲気ぴったり。1時間20分、あっという間に下車駅に着いた。バスに乗り換え進み、ゴンドラで森吉山山頂駅舎へ到着。気持ちよいそよ風のなかに山野草の群落をたくさん見ることができ、二度、満足を味わい、最高の一日でした。(M.O.)

花の礼文島講座
「初夏の礼文にワイルドフラワーを訪ねて
   花咲く丘を歩き、最北の地・スコトン岬に泊まる」

6/28〜7/1  講座概要


あいにくの雨でしたが、幻想的な雰囲気に高山植物が映えました

○私の年代に合った、ひとり参加可能なクラブを探していたところ、雑誌でエルダーの講座を発見。“幕の内弁当でない講座”のフレーズにひかれて参加しました。申し込み後からハラハラドキドキの毎日がすぎていきました。飛行機のチケットの手配は初めての体験。初参加でしたが、旅慣れた先輩たちに会えて、今後の目標ができました。(渡辺和代)

釧路カヌー講座
「屈斜路湖横断ツーリングと自然の露天風呂
   愛好家の夢・釧路川源流カヌーツーリング」

7/3〜6  講座概要


自然と一体となれる、無心になれるという感想がよくきかれるカヌーツーリング

○長い間考えて、やっと参加した釧路カヌー講座。不安いっぱいだったのに、終わってみれば夢心地。美しい湖面の上で揺られ、懸命に漕ぎ、不安は飛んでいった。半島から離れての湖横断はなんともいえぬ不思議な気分だった。70歳代でもこんなすばらしい自然のなかに身をおくことができる。ありがとうございました。

長崎・五島講座
「大いなる遺産 祈りの島・五島列島の教会群をめぐる」

7/8〜13 講座概要

ド・ロ神父記念館では、シスターがオルガンをひいてくださり、賛美歌を歌いました

○土地の方々の信仰と奉仕に守られた美しく清々しい教会と変化のある美しい海に、心安らぐ旅でした。隠れキリシタンの受難の歴史を勉強し、正しい信仰の強さと、どんな宗教も共存できるいまの日本の平和を感謝しました。やがて世界中がたがいを認め合えるように、戦争のない世界になればと思います。(S.T.)

初夏の遠野講座
「達人が案内する『遠野物語』の世界と早池峰山登山」

7/9〜12 講座概要

恋焦がれていたという方もいらした早池峰山。厳しい登山に達成感は格別でした

○観光地ではない、日本の本来の自然や生活、人間らしいものにきちんと目を合わせて心を通わせることのできる旅を求めてエルダーの講座に参加している。広やかな山々に囲まれ、森もたんぼも木々も川も家も緑豊か、美しい空気に満ちたこの地に、ほんとうに美しいなあと心満たされた。都会から来た身には、本来の命が静かにあふれた豊かな地は美しく、命を取り戻せる。ほんとうに来てよかった。エルダーの講座以外でも、自分のペースでこの地の空気のなかですごしに来たいと思っている。(足立千嘉子)

白馬岳トレッキング講座
「雲表のプロムナ−ド
   花と残雪 あこがれの白馬岳登山」
 
7/28〜31  講座概要

かれんに咲く高山植物に元気づけられながら、長い大雪渓を登って白馬岳山頂へ

○一昨年の唐松岳登山の感動を経て、「一度は白馬岳に登ってみたい」という願望が生まれ、2年を経てようやく願いがかなった。予想していた以上に難関だったが、その達成感はすばらしい。有森裕子さんではないが、自分に「よくやった」と言ってやりたい気持ちである。始めから、これは自分の限界に対する挑戦だと位置づけていたが、まさにこれは自分の限界であると認識できた。

前(10)へ← 感動のメッセージ →次(12)へ

 

back Page Top