エルダー旅倶楽部会員規則


第1条(会員の権利)
当団体の趣旨に賛同し、この会員規則(以下、「本会則」)に定められた手続きを経て入会を認められた個人、同一世帯の家族、団体・法人をエルダー旅倶楽部会員(以下、「会員」)とします。会員は当団体が実施するサービスを優先的に利用する権利を有します。

第2条(入会申込)
入会の申込みは、当団体が別に定める入会金と年会費を払込み、所定の入会申込書に必要事項を記入して、当団体に提出することとします。

第3条(会員資格有効期間)
1. 会員資格は、当団体が入会申込書を受け付け、会費の入金を確認できた日から当該年の12月末日まで有効とします。ただし、毎年、10月1日以降に入会する者の会員資格は当該翌年の12月31日まで有効とします。
2. 既に入会手続きを済ませた会員が、翌年も継続して会員資格を取得する手続きをした場合は、継続に該当する年の12月末日まで会員資格は有効となります。

第4条(個人情報の取り扱い)
会員のプライバシーを尊重し、会員より提供された個人情報は本人の許可を得ることなく、第三者に開示することはいたしません。ただし、機密保持を約束した協力団体(講座の企画運営団体など)に、業務上必要な情報を提供することがありますが厳重に管理いたします。

第5条(休会)
会員が、第6条の(1)に該当する事由で会員資格を喪失した場合、会員資格喪失後2年間を休会扱いとすることができます。また第6条の(3)に該当する事由で会員資格を喪失した会員は、会員資格喪失後2年間を休会扱いとします。休会期間中であれば、所定の手続きを経て、入会金なしに復会することができます。

第6条(会員の資格喪失)
会員が次の各号のいずれかに該当する場合は、当団体が当該会員に対し事前に通知および勧告することなく、当該会員は資格を喪失することがあります。
1. 退会届を提出したとき
2. 本人が死亡し、若しくは失踪宣告を受け、または会員である団体が消滅したとき
3. 会費納入期限から3カ月を経過しても会費の納入がないとき
4. 除名されたとき

第7条(退会)
1. 会員は当団体に通知することにより、任意に退会することができます。退会は当該通知を事務局が受け取った日、または当該通知に指定された年月日に生じるものとします。
2. 前項の規定により、退会された場合、すでに支払済みの会費等の返還をうけることはできません。

第8条(会員資格の継続)
1. 会員資格の有効期間が満了するときは、当団体の用いる方法により、継続のための案内を書面によりお知らせします。
2. 会員資格は、当団体の定める方法による会費の払込が当団体に確認されることをもって継続されるものとします。
3. 一度払い込まれた会費は、いかなる場合でも返還されません。

以上